2005年06月02日

曖昧な境界

メールマガジン原稿第二巻拾九回分着手。

今更ながらの話ですが、講談社X文庫ホワイトハートに
於けるボーイズラブと非ボーイズラブを区分する標の
存在を認識致しました。
彼の文庫の背表紙に『WhiteHeart』と言う二段組の
識別表記がございますが、その背景色が区分の標でした。
ラベンダー(褪色→薄い水色):ボーイズラブ
ミントグリーン:非ボーイズラブ

多分区分発足当時は告知があったのやも知れません。
其れならば見逃していた筆者が間抜けであるだけでしょう。
しかし、周囲から色々声が上がったので何かの時の為に
ひっそりと区分を付け加えたのだとしたら、其れは一寸と
言う気分になりそうな。
本の顔になるのは表紙が主であって、背表紙は棚に並んだ
時の目印と言う認識が大きいでしょうに。
posted by 葡萄瓜XQO at 15:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック