2009年05月08日

やはり味わい



【ニコニコ動画】第7回伊南屋本舗Presents「ケフィアRadio!」前編

今回も冒頭の小芝居を採用して戴きました訳で。


 嫉妬り、NETり
           ぶどううり・くすこ

 ……思わず、ラジオの最中に本気で嫉妬して
しまった。いや確かにスケジュールが合わない
と収録も出来ないし、いなみんの方に渉外の部
分を任せてる訳だからありうる展開ではあるん
だけど…あるんだけ…ど…あー、俺ってこんな
に嫉妬深かったの?ナニこれ、いなみんはけし
きゅんの嫁なんだい!他の奴はツバつけるなよ!
ッてか。
いや、照れ隠しも兼ねてすぐにウゼェとセル
フツッコミしたけどさ、でもダメだわ。自覚し
ちゃうと。ラジオの収録無かったら…無かった
ら…俺はどうするんだろう。
でもね、とりあえず感情は落ち着いては来た
ね。少なくともいなみんが眼鏡かけ始めた時、
いなみんの眼鏡に嫉妬して隠したりその後で一
寸一人で利用させて貰った頃に比べたら、ね。
この可愛さを前にして押し倒さずに済んでる程
に成長した自分の理性を褒めてあげたい。
で、そう言う風に耐えてる俺を弄ぶ様にショ
タ声出しやがるのね小悪魔いなみん。そのトー
ンほんと禁止だから。一線越えた頃ってもうそ
の声だったでしょ君?いっそ声変わり前のもう
少し高い声が初めての思い出だったら良かった
のに、と思う。
俺の知らないいなみんの時間に嫉妬しまくっ
て……ああ、もうさ。どうして一緒に居る時間
がこんなに減る生活になったんだろう。
…俺、ケフィアRADIOに感謝しつつ嫉妬
もしてる。うん。弄られるのは仕方無い。二人
で居る時間の確保と……等価交換に足るんだろ
うか、これって。足る筈だ。足ると思おう。そ
うでないと俺が可哀想だし。

「けし」
「なん?」
「怒ってる?」
「いや。だって、ね。いなみんの方がそう言
う才能あるし、さ」
「ありがと」
あのさ、けし…認めてくれるのは嬉しいんだ
けど、頼むから俺の腹筋の上で「の」の字を書
くのはホント止めて?その指の動きで本当に妙
な気分になるから。こう言う風な状況で流され
る様にあれやこれやってお互い嫌でしょ?誤魔
化しには有効な手段だろうけど。
「俺もそう言うスキル上げた方が良いんかな」
「上げなくて、良い」
も、良い。流される。けしの可愛さを前面に
出して嫉妬するよりグダグダの方が良い。
とりあえずそれ以上の打ち合わせめいた言葉
を封じ込める為にけしを鳴かせておく事にする。

いなみんに鳴かされつつ、ふっと妄想トリッ
プ。でも妄想までで止めようほんとに。イチャ
イチャをみせつけたくなる瞬間はあるにはある
けど、流石に実況中継までしてみせつけたくは
無い。
で、誰が筋肉が落ちてるんだって?俺が筋肉
ツンデレショタに攻められる快感に墜ちたらど
うしてくれるんだこの野郎。この先の時間をた
っぷり遣って埋め合わせして貰うんだからな、
覚悟しとけ。

御本人達公認の二次創作とは言え我乍ら
遠慮がないと申しますか。
今回も何かしら引き出せそうで嬉しい困惑を
抱えております。
やはりこれは先駆の貫禄、味わいでしょうか。



【ニコニコ動画】第7回伊南屋本舗Presents「ケフィアRadio!」後編

次の回を待つ甲斐があろうというものです。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケフィアRadio! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。