2004年10月26日

締め切りを守る為の一手

小説配信の頻度、月一度と言う事に決めました。
連載形式を取ると言う事は全く考えておりません。
上限原稿用紙5枚分の単発掌編小説
年齢制限の掛かり難い内容を目指す

と言う二点を原則にすると言う事だけ決まっております。
早速ながら次回は小説を試みに配信してみようか、と。
一応話の筋だけは組みあがっております。後は展開法
のみです。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務/運営 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック