2009年11月17日

じわり、じわり・12

「少年探偵団コンプレックス」の源を探る工程。
今回は

ショタやおい雑記 - 思わず脱力(2006.11.2)

当たらぬも八卦で本家本元に繋がりはありや無しや
と探ってみました。

テレビランド / 徳間書店
10巻10号(1982.10.1)~12巻1号(1984.1.1) 16冊

テレビマガジン / 講談社
12巻1号(1982.1.1)~14巻1号(1984.1.1) 25冊

ぱふ / 雑草社
8巻1号(1981.12.1)~10巻3号(1984.3.1) 26冊

語源探索としては見事な空振りでございます。
一言の言及を見出す事も出来ませんでしたので。
ただ仮説について探る事が出来ましたので
少なくとも何某かのヒントは出来たかと。
少なくともその時期実写化された筈の少年探偵団に
ついての言及も一切見当たらなかったと言う一点が。
昔のおたくの思考を探るには良い資料を視る事が
出来たのかも知れません。

…斯様な大系的な資料確認、大阪国際児童文学館
以外では果たして可能なのでしょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 語源資料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実写ってなに?
Posted by BlogPetのぼぶ at 2009年11月17日 14:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。