2006年05月14日

JUNEの傍系

コミックJUNE 1995 7 JUL. VOL.1
●今、危険な漫画ルネッサンス
JUNE 7月号増刊/マガジンマガジン
95.7.5発行/雑誌05136-07 A5判


コミックJUNE 1998 8 AUGUST
デビュー3号
小説JUNE 8月号増刊/マガジンマガジン
98.8.5発行/雑誌14132-08 B5判


コミックジュネ JUNE VOL.5 1999 2
大反響!リニューアル
鮮烈!第2弾

21世紀を愛で切り裂く原色のボーイズコミック誌
小説JUNE 2月号増刊/マガジンマガジン
99.2.5発行/雑誌14132-02 A5判


この三冊を並べてみるだけでも「JUNE」の変遷を物語れる、
と思うのは筆者の早計でございましょうか。
JUNEの世界の再興を目指して創刊されたであろう「コミック
JUNE」ですが、創刊から5号目にして現行のスタイル、
「BOY'Sピアス」誌の二番煎じと言う感じの形態に納まって
おります。3号目ではボーイズラブ草創期諸誌の雰囲気が
漂っていたのでそちらの方向でも良かった様な気がするのですが、
版元さんが選んだのは過激に打って出る方向だった様で。
JUNEと耽美が結び付くのは、今やジャンル区分の中だけなので
ございましょうか。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック