2019年11月26日

20191125配信分

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾六巻拾壱回  小説「ぶらりゆらりと」
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方、2016年4月14日に
発生しました平成28年熊本地震にて罹災した皆様方に
心からお見舞い申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤いに
繋がりますならば幸いです。

●〇●〇●〇●

2019年末日で配信スタンドの一つであるmelma!が
サービス終了になるとの事。

http://melma.com/contents/service.html

今後も購読を希望して戴けるならば、下記に記載の
まぐまぐ若しくはMailuxへの再登録をよろしくお願い
致します。

●〇●〇●〇●

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
小説配信回、お楽しみ戴ければ幸いです。

〇●○

     ぶらりゆらりと
             XQO

 最近の休みは外で待ち合わせて特装電車に乗るのが
お互いの愉しみになっている。一寸前なら思いつかな
かった愉しみだが、実は細かいメリットが多くあった
りする。
非日常・ウェブからの遮断・軽い運動・たまの眼福
・内装の吟味…等、多分捻り出そうと思えば幾らでも、
と言う感じ。それらを愉しむ時間は言ってみればのり
しろに相応するので日常にとっても不都合ではない。
乗る電車と大雑把な待ち合わせ時間を決めておいて
やる事やって時間差で家を出る。待ち時間だって愉し
みの内だから特に焦りはない。最寄り百貨店の限定弁
当販売にぶつかった時に若干早出を心掛ける程度だ。
車内で食べようと言う訳ではない。帰り電車の待ち時
間に食べると言う前提がある。
外での振る舞いだからそこはそれ、本格的に付き合
いだす前・お友達の頃の感じを思い出して振舞ってい
る、と思っていた。その筈なんだがどうも調子が狂う
ので、思い切って二人暮らしを始めた頃の感じまで進
めてみた。すると結構具合が好い。ああ、そうか。あ
の頃は二人暮らしを始めたからと言って浮かれていて
はいけないと少し緊張していたのかと今になって解る。
コツさえ掴めば後はもう慣れも手伝って楽なものだ。
どんな規律正しい振る舞いでカバーした所で口さがな
い人はどうあっても口さがない。直接の知己ではない
ので所詮フェンスの向こうの観客と割り切れば気にも
ならない。お人好しではないので危害に繋がると判断
したらそれなりに振舞うけど、相手の暇潰しにわざわ
ざ時間を確保して付き合える程こちらも暇じゃないし。
そうと判って振舞えば結構楽しい。奴さんもその様だ。
「あー、なんか忘れてたわ」
「戻る?」
「いや、感覚の話」
「ああ、それ、確かにね」
イートインから出て来ての待ち合わせに話す内容で
良いのかなんて考えつつもまあ続ける。そこまで聞き
耳を立てる暇人もいないだろうし。
「二人になる前の独りの感覚ってのかね」
「寂しいよりはさくさく済まそうと言うかね」
「事務的な日常ではあるんだよな、何も無いと」
言葉の合間に促された先には焼き芋屋台。迷わず小
振りなのを二本買う。あとで共有財布から補填しよう。
「…心得てるなぁ」
「こっちのが楽だし」
蜜が多い焼き芋は割り難い、と経験値で承知してま
すからと皆までは言わない。
「このねっちりがあるからつい買っちまうんだよな」
「出したくても家のレンジじゃ出せないからね」
「工夫しても、なんか違うんだよな」
 創意工夫は貴いと思ってる。でも、敢えてプロに任
せたささやかな贅沢が日々の潤いに欲しくなる時がある。
非日常から帰った瞬間に洗い物に取り掛かって熱を冷
ましたくはない。旅立つ前の分なら折々に事前に済ま
せているし暫くずぼらをして良い様に余分の支度もし
てある。その合間にこう言う贅沢を少し味わう時間が
あっても良い。贅沢に対して対価も敬意も勿論はらう
と言う前提で。
「ウェットティッシュ、あるから」
「おおきに」
こう言う時に緩急つけて来るな。惚れ直させる気か。
「待ち時間は?」
「直ぐなら三十分。一本見送りなら二時間」
「幅があるな。ならついでに済ませても良いか」
「手頃な辺りでね」
ごくごく軽い、少し良い買い物ならこう言う時に済
ませるに限る。引き摺った日常が仇になる事もあるから。
手に余るものに遭遇してしまったら送ってしまおうと
言う開き直りも経験値として覚えた。
「茶を飲む時間も確保して、と」
「期待の心当たりでも?」
「季節限定品」
「ああ、あれね」
「どうせ軽く済ませるならあの辺が良いんでね?」
「確かに重くはない」
「タルトで良い?」
「現場で決めよう」
「おけ」
今日もゆらゆら二人歩き。さあ、何足の靴を履き潰
していくんだろうね。
                    【了】

〇●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
なお、12月度及び2020年1月度・前半(10日)の配信は
配信者都合により休止させて戴きます。
では次号・12月の小説配信回(25日)まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 
http://com.nicovideo.jp/community/co1421231
定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。
暫し休止中ですが、再開の折にはご愛顧戴ければ
幸いです。

2019年度「BL夜伽ラヂオ」配信は暫し休止と
させて戴きます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下、商業媒体告知です。

宙出版・刊『このBLがやばい! 2019年度版』(2018年12月11日刊)
https://www.amazon.co.jp/dp/4776797003/
にて、当方はBL通の末席で「あなたのBL BEST5」(コミック
・小説)選者で参加しました。
加えてランキング発表後のBL座談会でガール社代表かをりさん、
研究者の溝口彰子さんと鼎談させて戴いております。
他の箇所にもひっそり参加しております。御高覧ください。
各所電子書籍配信もあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、2件目です。
2017年11月10日ぶんか社より刊行された
たかはし志貴先生
「アラサー腐女子が初めて付き合ったのは、高校生の腐男子でした。」
巻末企画にて、たかはし先生のパートナーさんを
含んだ面々で腐男子座談会を展開させて戴いて
おります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4821144719/
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204144/
ご高覧戴けましたら幸いです。
電子書籍展開もあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、3件目です。
2015年11月25日より集英社より電子書籍配信されている
ブリンクコミックスデジタル・ことり野デス子先生
「フダンシ革命」第2巻巻末企画にて、ことり野先生と
腐男子として対談させて戴いております。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0177H72ZO/
http://books.rakuten.co.jp/rk/42718e40b81938e788ce1e4a32558366/
ご高覧戴けましたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、4件目です。
2015年8月20日に玄光社から刊行されました
『はじめての人のためのBLガイド』【表紙:宝井理人】
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=8721
http://www.amazon.co.jp/dp/4768306462/
の企画・「私が選ぶ○○BLベスト5」の選者の一人と
して参加させて戴きました。
ご高覧戴けましたら幸いです。

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾六巻拾壱回 2019.11.25発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
  :aol-mail.jpg(メールマガジン専用アドレス)
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンド、
「ショタやおい雑記」にて公開しております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください