2004年05月16日

美の名の下に

「ひらがな日本美術史2」を昨日から手許において該当部分を
観ている訳ですが…芸術の名の下に認可されたポルノグラフィー
とは言え、かなり戸惑いますね。
京都醍醐寺に秘蔵されている写本の現物を拝観した人々の
中に三島由紀夫氏が名を連ねていたとしても、充分に戸惑います。
(写本!そう写本なのですよ。醍醐寺に秘蔵されているもので
さえ写本の一つなのです。原本の行方はようとして知れないのが
通説となっている様です)
図版に修正の一つもかけられてないと言うのは、「美」という
建前の威光でございますね。同じものを扱っていても福田和彦氏
の本では止むを得ず修正を加えざるを得ない箇所がありました。
発行当時は袋綴じの部分もありましたし。
(因みに福田氏の本に掲載されているのは醍醐寺所蔵のものと
同じく写本であるとの事)
この道理で行くと、美を方便と為して無修正のやおいショタ描画を
発行できるのではないか…そう思われる方も居りましょう。
可能性はありましょうが、恐らく引き換えに萌えは相応に割引いて
感じられるものと思われます。修正という枷の代わりに美と言う
枷が嵌められる。只それだけの摩り替えに過ぎぬ訳ですから。

芭蕉の言葉に「言いおおせて何かある」とあります。
世阿弥の風姿花伝にも「秘すれば花」とあります。
隠されているいないに拘らず観えない所を心で補完する事こそ、
萌えの原点ではないか、と思うのです。
藪の中を歩いて獣道を作る身が言うのも恐縮ですが。

ひらがな日本美術史 2
橋本 治著
新潮社 (1997.8)
通常24時間以内に発送します。

※その三十一 まざまざと肉体であるようなもの 「稚児草子」

艶色説話絵巻
艶色説話絵巻
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
福田 和彦著
ベストセラーズ (1992)
この本は現在お取り扱いできません。

浮世絵グラフィック6
※「稚子草子」(稚児草子)所収 カラー図版 無削除版復刻

禁色
禁色
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
三島 由紀夫著
新潮社 (1989)
通常2-3日以内に発送します。


風姿花伝
風姿花伝
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
世阿弥著 / 野上 豊一郎校訂 / 西尾 実校訂
岩波書店 (1978)
通常2-3日以内に発送します。


三島由紀夫CyberMuseum
posted by 葡萄瓜XQO at 15:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。