2011年10月13日

汲み取りて反魂


先年来知己とさせて戴いていた
秘本衆道会主催・衆道士ペドフェチ師より
御恵投戴いた内の一冊です。

「日本のBL古典」と題したこの同人誌、
元々資料としても興深いものでございましたが
装丁を新たにして更に興をそそる趣を醸し出して
おります。

師の仕事は実に洒脱です。
新装版を入り口として師の仕事をじっくり遡るのも
又一興であるかと。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

一つの視点

浮世絵春画と男色
早川 聞多著
河出書房新社 (1998.10)
通常2-3日以内に発送します。


過去の表現に思いを馳せ、想像してみるのも
時には良いかと。

武士道とエロス
氏家 幹人著
講談社 (1995.2)
通常2-3日以内に発送します。


時には通じるものが見出せる事もありま
しょうし。
posted by 葡萄瓜XQO at 23:58| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

御眼鏡に適いまして

イブ・クラインのモノクロームのために:
個人的なメモ(2004-10-27)

●○●
うわごと帳です。
2004-10-26記事※該当過去ログ現存せず

図らずも過去配信分の「ショタやおい日本史」に関心を
寄せて戴き、面映いやら恐縮してるやらで御座います。
恐縮ついでに図書館に赴き、『往生要集』の該当箇所
(第三衆合地獄・悪見処)を確認して参りました。
この第三衆合地獄、刀葉林の在る処、と申せば合点の
行く方もお出でやも知れません。

往生要集 1
源信〔著〕 / 石田 瑞麿訳
平凡社 (1979/63.12.10初版)
この本は現在お取り扱いできません。


筆者の参照した版では17頁に詳細が書かれております。
詳細なる描写は文字で読んだだけでも残酷かと思います
ので割愛させて戴きます。
今回『往生要集』を確認したお陰で、男色を行った人が
堕ちる地獄もまた存在する事が確認出来ました。
同じく第三衆合地獄に在るとされる多苦悩と呼ばれる
箇所で御座います。描写は簡潔で御座いますが文字にて
書かれたその様相は声に出して読まれるとまた格別の
怖さがあったもので御座いましょう。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

公文書

エジプト死者の書にまで男色が出てますか、と
人の業というものを改めて考えた猛暑の午後。
男色が当たり前の事であったのか、それとも椿事で
あったのかによって認識は違ってきましょう。
エジプトと言えば精液のかかったレタスを食して
妊娠する男性神がおわすお国柄ですから、
今更何を、と言う指摘なのかも知れませんが。

愛の博物誌
愛の博物誌
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.30
ダイアン・アッカーマン著 / 岩崎 徹訳 / 原田 大介訳
河出書房新社 (1998.8)
通常2-3日以内に発送します。


エジプトの死者の書
石上 玄一郎著
人文書院 (1980.7)
この本は現在お取り扱いできません。


図説エジプトの「死者の書」
村治 笙子文 / 片岸 直美文 / 仁田 三夫写真
河出書房新社 (2002.5)
通常2-3日以内に発送します。


※「エジプト死者の書」に就いては下記の版が
入手し易いかも知れません。

エジプトの死者の書
石上 玄一郎著
第三文明社 (1989.9)
この本は現在お取り扱いできません。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

時間旅行

捜し求めていた謡本を見つけ幸せを噛み締めております。
文字を追っている内に物語の中に入り込んで夢うつつと
言う感覚が又何とも言えないのです。
まさに、時を越えてと言う感じでしょうか。

(観世流)三井寺 十五ノ四
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/76.110.10発行(筆者手元分)
半紙判 和綴

(観世流)花月 四ノ四
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/65.12.10発行(筆者手元分)
半紙判 和綴
posted by 葡萄瓜XQO at 19:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

読んだ後でも

群書解題から辿った稚児物語二話複写にて入手しました。
ここで一つ念を押さねばいけないのは、その二話が稚児物語と
いう括りではなくお伽草子の一編として分類されていた、と
言う事です。さて、この事をどう解釈すべきか。

現代の感覚で昔の男色稚児愛少年愛を切って捨てるのは恐らく
簡単でしょう。深読みも理解しなければ良いだけの話ですから。
現代と昔の社会制度は違う、とは否定派の方々のお題目に良く
使われる言葉ですが、その言葉は否定派の方々も重々噛み締め
なければいけないのです。稚児愛男色が成立した課程を彼等も
説明した上で周囲を納得させねばならない部分もあるのですから。

過去を否定したいならそれでも結構ですが、その前に過去の
物語をせめて一編紐解いた上で考えても遅くはありますまい?
やおい読みである前の一人の本読みとしてのささやかな提案です。

続群書類従 第18輯 上
塙 保己一編纂
続群書類従完成会 (1980)
通常1-3週間以内に発送します。

第十八輯上 物語部
25.3.10初版、80.10.20訂正第三版第六刷
※『嵯峨物語』『幻夢物語』所収

群書解題 第10
続群書類従完成会編
続群書類従完成会 (1982)
この本は現在お取り扱いできません。

和歌部(二)・連歌部・物語部
※『嵯峨物語』『幻夢物語』所収
posted by 葡萄瓜XQO at 16:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

ちくま文庫『お伽草子』所収「秋夜長物語」を実に美味しく
味わいました。恋情と法悦の混然一体というのは現代の解釈だと
相当に胡散臭く見られそうですが、現実はともあれ物語として
昇華されている事をまず寿いでも良いのではないかと。
稚児物語というのは現実だけに眼を遣っても解釈は上手くいきま
せんし、物語に溺れてしまってもまた解釈を誤るもの。
こう言う物語が編まれる中で、往時実際の稚児への愛は如何なる
ものであったかと思いを巡らせると言うのが良い道である様な気
がします。多くの文を読み込まねばいけませんが、又それも新しい
悦を生み出す基となるのですから変に疎かには出来ませぬ。
抹香臭い言い回しになりましたが、こう言う物語読み解きも
時には宜しいかと。

お伽草子
お伽草子
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
福永 武彦〔ほか〕訳
筑摩書房 (1991.9)
この本は現在お取り扱いできません。

※『秋夜長物語』(永井龍男:訳)所収

群書類従 第17輯
塙 保己一編纂
続群書類従完成会 (1980)
通常1-3週間以内に発送します。

連歌部物語部 
60.7.20訂正第三版(現行流通:80.1.1初版)
※『秋の夜の長物語』所収

群書解題 第10
続群書類従完成会編
続群書類従完成会 (1982)
この本は現在お取り扱いできません。

和歌部(二)・連歌部・物語部
61.4.28初版、81.5.30三版
※『秋の夜の長物語』所収
posted by 葡萄瓜XQO at 21:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

美の名の下に

「ひらがな日本美術史2」を昨日から手許において該当部分を
観ている訳ですが…芸術の名の下に認可されたポルノグラフィー
とは言え、かなり戸惑いますね。
京都醍醐寺に秘蔵されている写本の現物を拝観した人々の
中に三島由紀夫氏が名を連ねていたとしても、充分に戸惑います。
(写本!そう写本なのですよ。醍醐寺に秘蔵されているもので
さえ写本の一つなのです。原本の行方はようとして知れないのが
通説となっている様です)
図版に修正の一つもかけられてないと言うのは、「美」という
建前の威光でございますね。同じものを扱っていても福田和彦氏
の本では止むを得ず修正を加えざるを得ない箇所がありました。
発行当時は袋綴じの部分もありましたし。
(因みに福田氏の本に掲載されているのは醍醐寺所蔵のものと
同じく写本であるとの事)
この道理で行くと、美を方便と為して無修正のやおいショタ描画を
発行できるのではないか…そう思われる方も居りましょう。
可能性はありましょうが、恐らく引き換えに萌えは相応に割引いて
感じられるものと思われます。修正という枷の代わりに美と言う
枷が嵌められる。只それだけの摩り替えに過ぎぬ訳ですから。

芭蕉の言葉に「言いおおせて何かある」とあります。
世阿弥の風姿花伝にも「秘すれば花」とあります。
隠されているいないに拘らず観えない所を心で補完する事こそ、
萌えの原点ではないか、と思うのです。
藪の中を歩いて獣道を作る身が言うのも恐縮ですが。

ひらがな日本美術史 2
橋本 治著
新潮社 (1997.8)
通常24時間以内に発送します。

※その三十一 まざまざと肉体であるようなもの 「稚児草子」

艶色説話絵巻
艶色説話絵巻
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
福田 和彦著
ベストセラーズ (1992)
この本は現在お取り扱いできません。

浮世絵グラフィック6
※「稚子草子」(稚児草子)所収 カラー図版 無削除版復刻

禁色
禁色
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
三島 由紀夫著
新潮社 (1989)
通常2-3日以内に発送します。


風姿花伝
風姿花伝
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
世阿弥著 / 野上 豊一郎校訂 / 西尾 実校訂
岩波書店 (1978)
通常2-3日以内に発送します。


三島由紀夫CyberMuseum
posted by 葡萄瓜XQO at 15:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年05月12日

もと暗し

何気なく図書館の資料室に出掛けた所、ふと目に付いた
『群書解題』と言う書名。そしてふと思い出した会話の断片。

IRC log viewer : #もの書き 20040425

はたと思い立ち、題名の浮かんだ『秋の夜の長物語』の解題を
探してそこから『鳥部山物語』『松帆浦物語』の二話の稚児物語へ。
そして『児教訓』の解題から更に『仮名教訓/若衆身もち』へと
辿り着く事が出来ました。
過日ヒントを与えて下さったもの書きIRCのsfさん、本当に
感謝しております。
今念の為に『耽美文学・ゲイ文学ブックガイド』を確認して
みたのですが、書名の紹介はあっても所収が明記されていな
かったのです。岩田準一氏の『男色文献書志』迄辿ると所収が
明確になりますね。
とりあえず内容把握だけなら『群書解題』でも充分であろうと
思いますが、物語の世界に入るには矢張り『群書類従』所収の
本文にあたるべきでしょう。
資料のえにしとは、こういうものでしょうか。

群書類従 第17輯
塙 保己一編纂
続群書類従完成会 (1980)
通常1-3週間以内に発送します。

連歌部物語部 
60.7.20訂正第三版(現行流通:80.1.1初版)
※『秋の夜の長物語』『鳥部山物語』『松帆浦物語』『児教訓』所収

続群書類従 第32輯 下
塙 保己一編纂
続群書類従完成会 (1977)
この本は現在お取り扱いできません。

雑部
81.2.20訂正第三版第五刷(現行流通:80.1.1初版)
※『仮名教訓』所収

群書解題 第8
続群書類従完成会編
続群書類従完成会 (1982)
この本は現在お取り扱いできません。

雑部
61.4.28初版、81.5.30三版
※『仮名教訓』所収

群書解題 第10
続群書類従完成会編
続群書類従完成会 (1982)
この本は現在お取り扱いできません。

和歌部(二)・連歌部・物語部
61.4.28初版、81.5.30三版
※『秋の夜の長物語』『鳥部山物語』『松帆浦物語』『児教訓』所収

耽美小説・ゲイ文学ブックガイド
柿沼 瑛子編著 / 栗原 知代編著
白夜書房 (1993.4)
この本は現在お取り扱いできません。


本朝男色考 男色文献書志
岩田 準一著
原書房 (2002.4)
通常2-3日以内に発送します。
posted by 葡萄瓜XQO at 17:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

未熟故躊躇

秘宝絵巻考
高橋鐡/関東書房/65.10.1初版
A4版 布張表紙箱入 ISBNなし
国立国会図書館東京本館請求記号 384.7-Ta286h


高橋鐡氏による「稚児草子」解題2頁の為に購入を思い切れ
なかった筆者はまだまだ未熟者かも知れません。
もし次に書店に行って在ったら…やはり迷うでしょうね。
今日は他の資料を買ったからまだ抑えが効いた様なものの、
ともすれば別の店の100円の値札がついたアンソロジーが
並んだ棚の前に佇み、棚丸ごと買えるかな、などと思ったり
する筆者。唐沢俊一さんの気持ちが良く判ります。

ガラダマ天国
ガラダマ天国
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
唐沢商会著
ぴあ (1997.12)
この本は現在お取り扱いできません。


艶色説話絵巻
艶色説話絵巻
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
福田 和彦著
ベストセラーズ (1992)
この本は現在お取り扱いできません。

※浮世絵グラフィック6 
「稚子草子」(稚児草子)所収 カラー図版 無削除版復刻

夜想 15
夜想 15
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
国貞 陽一〔ほか〕編集
ペヨトル工房 (1985.4)
この本は現在お取り扱いできません。

※特集◎少年 「稚児草子」本文紹介/堂本正樹 モノクロ図版

A感覚とV感覚
稲垣 足穂著
河出書房新社 (1987.5)
通常2-3日以内に発送します。

※「『稚児之草子』私解」所収

未読ですがこの書も参考に

ひらがな日本美術史 2
橋本 治著
新潮社 (1997.8)
通常24時間以内に発送します。

※その三十一 まざまざと肉体であるようなもの 「稚児草子」
posted by 葡萄瓜XQO at 16:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年04月28日

日本霊異記/確認

25日記述の「日本霊異記より」について、新潮社刊『日本古典集成67
日本霊異記』(84.12.5初版)及び岩波書店刊『新日本古典文学大系30
日本霊異記』(96.12.20初版)を参照、確認しました。
結果、該当部分の原点での記述は『童子』である事が確認され、又
その指し示す所は『16歳以上の得度していない従者の少年』(岩波
書店版傍註31参照)という事でした。
山口氏がどの話に該当記述が初出か明記されておられぬ以上、又
折に触れて文中を確認する必要がありそうですね。
とりあえず、確認報告を記述しておきます。

日本霊異記
日本霊異記
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.20
小泉 道校注
新潮社 (1984.12)
通常2-3日以内に発送します。


新日本古典文学大系 30

岩波書店 (1996.12)
通常24時間以内に発送します。
posted by 葡萄瓜XQO at 14:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年04月25日

日本霊異記より

『DEEP』vol.4(ミリオン出版・大洋図書/1994.6.10刊行)所収、山口椿
『男色の研究』第4回の記述を参照に、「日本霊異記」中に稚児関係の
記述がないかどうか確認してみました。
ネット検索と東洋文庫版『日本霊異記』【現代語訳】(67.8.10初版/
平凡社)を照合しますに、「霊異記」上巻第三がどうもそれに該当する
様であります。ただこれは原文も当たった方が良さそうですね。
原文も新潮社版と岩波書店版で当たった筈なのですが、どうも
読み落してしまって居た様です。

耽美小説誌 DEEP Vol.4 1994 SPRING
耽美と退廃の世紀末マガジン(ディープ)
劇画スペシャル6/10増刊 ミリオン出版/大洋図書
94.6.10発行


日本霊異記
日本霊異記
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.20
〔景戒撰〕 / 原田 敏明訳 / 高橋 貢訳
平凡社 (1978)
この本は現在お取り扱いできません。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

旧きを訪ねる

古書肆を訪ねましたら珍しい事に宝生流の謡本が出ておりました。
これは興深いと思い、思いつく演目を思い浮かべ探したものの、
収穫としては『橋弁慶』と『鞍馬天狗』のみ。『橋弁慶』の
観世流謡本は持っていなかったのでそこで改めて購入。
『菊慈童(枕慈童)』と『隅田川』があれば嬉しかったのですが。
さて、折有らばこの『鞍馬天狗』『橋弁慶』二番二流派を読み比べ、
遮那王牛若丸の活躍に思いを馳せると致しましょうか。

(観世流)鞍馬天狗 廿七ノ五
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/85.12.10発行(筆者手元分)
半紙判 和綴

(寶生流)鞍馬天狗 内十二巻ノ二
宝生九郎/わんや書店/64.8.15発行(筆者手元分)
半紙判 和綴 

(観世流)橋辨慶 十五ノ二
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/66.8.10発行(筆者手元分)
半紙判 和綴

(寶生流)橋辨慶 外七巻ノ二
宝生九郎/わんや書店/63.7.30発行(筆者手元分)
半紙判 和綴
posted by 葡萄瓜XQO at 15:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年03月15日

先人の遺産に一礼

イベントに参加している最中、複写資料等読み返しておりましたが
その中の一点、「群書類従」十七輯収録の「児教訓」。全く持って
今昔ともに同じ事が囁かれるものだなぁと感心致しました。
今巷にあふれるやおい関係の図書も、何時かはこの様に古典と
成り得るのでしょうかねぇ。食わず嫌いをなされる前に、機会あらば
一読される事をお奨めします。

群書類従 第17輯
塙 保己一編纂
続群書類従完成会 (1980)
通常1-3週間以内に発送します。

連歌部物語部
60.7.20訂正第三版(現行流通:80.1.1初版)
posted by 葡萄瓜XQO at 13:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする

2004年02月28日

無限に広がる腕の幅

最近、また少しずつ資料が上手く入手出来る様になっています。
物好きを哀れんだ神仏が気紛れでも起こされたのでしょうか。
当人もつい調子に乗りまして今日は古書店からお能の謡本を
二冊買って参りました。「隅田川」と「菊慈童」です。
浅学非才の徒でありますので俄かにすらすら読めるとは思いません。
が、古の本邦に於いて「少年」がどの様な位置で捉えられて
いたのかを知る足掛かりとはなりましょう。
せめて欠片なりとも掴みたいと思い購入致しました。

この二曲、演ずる方が少ないのでしょうか?探し当てられたのは
本当に僥倖だったとしか思えません(かつて「道成寺」を探して
いた時は行動を起こしてから三ヵ月探し回りました)。
「菊慈童」の切れていた綴り糸をかがり直しましたのでこれで
安心して読めましょう。縁は何処に転がっているか、判らぬものです。

メールマガジン、入稿致しました。
雑談で御座いますが、お暇潰しのお供に。

(観世流)菊慈童 十五ノ一
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/58.8.20発行(筆者手元分)
半紙判 和綴

(観世流)隅田川 廿七ノ四
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/57.4.20発行(筆者手元分)
半紙判 和綴 

(観世流)道成寺 内二十一ノ四
廿四世 観世左近:訂正著作/檜書店/39.1.15発行(筆者手元分)
半紙判 和綴 


取扱:檜書店
posted by 葡萄瓜XQO at 15:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典資料 | 更新情報をチェックする