2014年08月08日

【定期】淡々喧伝












以上電子書籍として無償頒布しております。
よろしければ何かのお肴にどうぞ。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

形式



31文字に凝縮した上音声で展開。

これも一つの実験として。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

【2011-2013】BL Teatime、始まりそして今【東京→京都→東京】



2月13日・21時から配信したBLT~BL Teatime~回顧枠の
進行表を年表も兼ねて掲載致します。



****

2011年1月
京都を拠点にするアートユニット・0000(オーフォー)が
自分達をBL的に弄られる事を容認。
そこから彼等をBL的に解釈した絵画展発足へと展開。
0000! OH,HOT! ―0000 BL ANTHOLOGY―
http://hidari-zingaro.jp/2011/01/0000-ohhot/
○●○
Twitterまとめ http://togetter.com/li/89083
○●○

同人誌も製作され期間中にはBL勉強会なるトークセッションも行われる。
0000BLアンソロジー1

Twitter上で後の「BLT~Boys Love Teatime in Kyoto~」主催が
0000展示会の情報に触発され 様々に想いを発信。
ぶどううり・くすこがTwitter上にてレビューサイト「ちるちる」ユーザーの
仲介で京都BLT主催に 引き合わされ、交流がはじまる。


2011年2月
「BLT~Boys Love Teatime in Kyoto~」開催構想Twitter上で発信される。
| ↓
| 黒猫ゆうすけ【現・ゆーすけ】、一連のツイートに刺激を受けBLT@CAFE801
| 開催希望をツイートする。
| 他の方との数レスの遣り取りの後大まかにBLT@CAFE801の内容決まる。
| cafe801【カフェハチマルイチ】 http://cafe801.org/

BLT京都開催日程決定。一週間前の事前打ち合わせに
ぶどううり・くすこ召還される。

BLT京都開催。進展状況はTwitter上で実況される。
http://bltinkyoto.web.fc2.com/
http://togetter.com/li/106013
○●○
京都BLT参加をきっかけにぶどううり・くすこが
後日0000BL同人誌パート2に参加する。
0000BLアンソロジー2
【2011年8月・夏コミ刊行】

2011年4月
東北地方太平洋沖地震をはさんで中断していたBLT@CAFE801
周辺の動き、CAFE801営業再開とともに 緩やかに再開。


2011年5月
BLT@CAFE801要項、微調整しつつ進展。

2011年6月25日
BLT@CAFE801開催 →今日まで継続


2011年9月
BLT in 駒場祭【主催:東京大学見聞伝ゼミナール有志】構想動き出す。

2011年11月25日
BLT in 駒場祭【主催:東京大学見聞伝ゼミナール有志】開催。
ぶどううり・くすこ、当日配布資料冊子インタビュー記事にて登場
BLT駒場2011冊子

BLT駒場2011フライヤー
後日レポート http://kenbunden.net/general/archives/2311

2012年8月25日
BLT@CAFE801を卒業した黒猫ゆーすけが
ニコニコ生放送自コミュにて『BLT in ニコニコ生放送』を開催。
21:00~8月26日04:00・合計13枠・出演者登壇は凸形式
【現在該当コミュは閉鎖消失】
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

【定期】拓かれる試み

BLlogia準備室
BL論文データベース化プロジェクト準備室


BLlogia拡散フライヤー

求められているのは何かの枠組みの為に
用いられるBL論ではないのでしょう。

筆者も及ばずながら助力させて戴いております。

界隈から見れば地方在住の在野者でございますが、
せめて何か出来る事から、と。

少し風通しが良くなれば、新たな空気も生まれると
愚考致します。

BLlogia拡散フライヤー
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

漫詠

土用丑
心の下は
後回し
二人の膳を
ただ和やかに
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

17文字の語り

Twitter上で少しずつ吐き出している
BL575を少し抜粋。
何某かの御肴に。

*****

眠らない籠もった熱で眠れない

まだ熱い暑さの底の二人きり

愛と哀一緒に抱いて夜を明かし

溶けるのは夏のせいだと言い訳し

車内にて心は難く身は堅く

冷房の底の二人が分かつ熱

ゆらりらと二人寝夜行エンジン音

まだ迷う名残を纏う朝の中

「あいしてる」事の後だと照れ臭く

思い立ち君に馴染んだ我検分

目覚めれば君が枕になっていた

離れない肌疎ましい好きだけど

受攻を阿弥陀で決める三すくみ

ネクタイの柄で手順を決めておく

*****
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

意外な感触

受け攻め度チェック

筆者がこの占いを知ったのはよくよく思い返せば
フニメイトがきっかけでございましたね。

フニメイト祭 青:受

フニメイト祭 青:受  フニメイト祭 青:受  フニメイト祭 青:受

フニメイト参加の際、バナーの色で提示する
自らの属性(受け・攻め・リバ)を確認する為に
この占いが利用されていたな、と。
それ以来場話題に上る頻度が上がった様な
気が致しましたが、案外とカウント数は伸びて
いない様な。
なんとなく意外でございますね。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年始小説

些か早目に歳末と年始のご挨拶をば。
 小腹が減ったので冷蔵庫にあったカステラを
懐中電灯頼りにモソモソ摘んでいると、背後か
ら呆れた声を掛けられた。
 「空腹なのはどうこう言わないけどさ…その
状況じゃ美味しくないんじゃない?」
「所詮小腹治めだしね」
「折角の到来物が泣くよ、ホント」
到来物…まあ、到来物には違いない。君の御
母堂からうちのおかんに対しての土産の御裾分
けだったとしても。個人的な付き合いで進物が
来る様な年じゃないしね、まだお互いに。
「茶、淹れるから座る!」
「へ?」
「とんび座りでいじましく摘み食いされちゃ
こっちの気持ちが穏やかじゃないの。釣られて
こっちも小腹減ったし」
見上げた視界に入った首筋の紅さからすると
どうやら暴走寸前らしい。まあ、こんな夜食も
良いかもね。
でも僕は、一つ失念していた為に後悔する事
になる。
「………旨いの?それ」
「不味ければ喰ってない」
大振りの塗り椀に七分目程注がれた蜂蜜湯、
否、湯をさした蜂蜜の中に浮かぶカステラ三切
れ。そしてそれを蕩ける様な表情で掻き込む同
居人。文献にあった調理法を再構成してみて嵌
ったのだと言う。
……多くは言うまい。そう言う一椀が年始の
一椀であっても、二人で幸せなんだから。
とりあえず僕は避難の為の思考停止をしつつ、
餅を焼きにかかる。醤油バターでも良いんだろ
うけど、この場合は練乳をしっかり絡めた方が
幸せな気分に近付けるだろう。練乳の中に焼い
た餅を投じて、じっくりと。
……連れ合いと言うのは思考回路が似てくる
と言うのは、どうやら嘘ではないらしい。否定
はすまい。僕には其の方がとても心地良いのだ。

2008年中は大変お世話になりました。
2009年も御贔屓の程、よろしくお願い致します。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

story for Christmas

 皿を観るなりげんなりした表情を浮かべた
俺に対し、彼は静かに言い放つ。
「いい大人が、それで状況を回避出来るな
んて考えないよね?」
せめて憮然とした表情で言い放たれればこ
っちだって喧嘩に持って行き様がある。でも、
東洋的微笑満載で言い放たれてしまっては付
け入る隙もあったもんじゃ無い。
俺は半ば観念して改めて晩餐の席に着く。
今日はクリスマスイブでテーブルに並んでい
るのは相方が前日に仕込んで火を通した心尽
くしの品々。クリスマスカラーをフル活用し
ている所は心憎いんだけどさ、緑を演出する
のにセロリとパセリを使うのは止めて欲しか
った。これがピーマンならまだ大丈夫だった
のに。
……ハイ、判ってます。そこが相方の突っ
込んだ部分だってのは。でも苦手なものは苦
手だ。一寸した遺恨もあるし。
「ま、試しに喰ってみなよ」
これがバジルソースだったらなぁ…と心の
中で溜息を吐きつつパセリソースのパスタを
口にする。……ン?…普通に、旨い。
「ま、喰えなきゃ僕が困る。それなりに工
夫もしてるんだし」
ボルシチを注いでくれながら相変わらず小
憎らしい口を叩いてくれる。元教え子が此処
まで育つとはね、全く。
「じゃ、目出度くメリークリスマス?」
唇に来るかと思ったら耳朶を甘く噛まれ、
ついでに背筋を逆撫でされる。全く、飲み込
みが良過ぎる生徒と言うのも考えものだ。こ
の分だと復習を全部終えるまでは解放して貰
えそうに無いな。
「とりあえず、先にやる事があるだろう?」
「?」
「冷めない内に、料理を喰う事だ」
静かな頷き。そして開始の合図は、シャン
パンを開ける音。

良きクリスマスを。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

しみじみ

腐男子占い 2005年1月17日当時アーカイヴ

筆者が腐男子占いを作ったのは
どう言うきっかけでしたか…。
とりあえず、洒落ならば遊ばなければ、
と言う気持ちがあったのは確かです。

腐男子占い

その当時は確かGOOGLE検索で
2位辺りの位置にあった様な気も
致します。
現状からは想像も出来ぬ笑い話
ですが。

さて、腐男子の方舟はいずこに
向かうのでしょう。
ラベル:腐男子 腐兄
posted by 葡萄瓜XQO at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

御中元の試み

ふと、腐女子腐男子同士で御中元を
贈りあう様になった場合、物品の選択
肢としてやおい・ショタ・ボーイズラブ
作品の単行本或いはメディア作品も
有り得るか、と思い至りました。
このパターンなら解説無しに十冊程
挙げる事が出来そうです。
筆者なら、どう致しましょうか。




好きじゃないけど愛してる 1 (1) (花音コミックス)好きじゃないけど愛してる 1 (1) (花音コミックス)
南野 ましろ

芳文社 1999-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きじゃないけど愛してる 2 (2) (花音コミックス)好きじゃないけど愛してる 2 (2) (花音コミックス)
南野 ましろ

芳文社 2000-08
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きじゃないけど愛してる 3 (3)好きじゃないけど愛してる 3 (3)
南野 ましろ

芳文社 2002-03-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


好きじゃないけど愛してる 4 (4) (花音コミックス)好きじゃないけど愛してる 4 (4) (花音コミックス)
南野 ましろ

芳文社 2003-09-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


真空融接 上 (B's-LOVEY COMICS)真空融接 上 (B's-LOVEY COMICS)
びっけ

エンターブレイン 2007-01-15
売り上げランキング : 11214
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


真空融接 下 (B's-LOVEY COMICS)真空融接 下 (B's-LOVEY COMICS)
びっけ

エンターブレイン 2007-01-15
売り上げランキング : 10848
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


微熱革命 (花音コミックス)微熱革命 (花音コミックス)
鈴木 せるぼ

芳文社 2000-07
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








十作ではなく十冊と言う事に致しました。
解説は敢えて割愛致します。
posted by 葡萄瓜XQO at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

節分小説六百字

節分に絡めた軽い創作を、と試みました。
六百字のスペースでお愉しみ下さい。
 折角の節分だから接吻でしょうと言う
駄洒落のセンスは惚れた弱気だから観て
みぬ振りをしておくとしても、キスの後
味が濃厚な鰯味だなんてのは一寸許せな
い。塩味だけならまだしも脂ののりも相
当良かったらしく相当に旨味が後を引い
てしまう。
…あのさ、こちとら万年育ち盛りの欠
食児童なんだよ?同じ後味でも黄粉ココ
アは余裕で我慢できる。太巻きは辛うじ
て良し。スイスロールもまあ踏み止まろ
う。
でも、よりにもよって脂ののったこん
がり焼いた鰯はないでしょ?それならい
っそ後味なんて吝嗇な事を言わずにせめ
てオーブントースターで焼いて出して欲
しいもんだよ。
「健康的に育った子ってのも考えもん
だよねぇ」
苦笑いしながらも七輪の火を熾してく
れる情人の背中にそっと頭を下げる。火
が熾ってくる間にもうっすらと青背魚の
脂の焦げた薫りが漂ってくる。
「まあ、禁断の味程旨い、ってね。お
前さんとこういう仲になってから余計し
みじみと思うよ」
情人が不意に角の根元を舐めてきた。
七輪さえなければこのまま流されてしま
いたい所だ。
「舐めるのは、その角だけ?」
「今はね」
誘ったつもりが逆襲されてしまうなん
て、悔しいけどまだまだだと思ってしま
った。
御粗末さまでございました。
posted by 葡萄瓜XQO at 19:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

本日は、四百字の小説をお届けします。
 「二年振りに来れたんやね」
不意に孝司から腕を絡ませられて囁かれ、
回想から我に返った。同時に聞こえてくる軒
先屋台のざわめき、そして、鼻腔をくすぐる
点心の旨そうな匂い。あの日からもう二年に
なるのか。
「皆、元気なん?」
無難な言葉を選んだつもりだった。でも、
唇に乗せて直に後悔する。皆、って誰の事を
言うてんねんと。二年前確認した事をお前は
何故忘れたんや、と。
「街は、元気よ」
孝司は静かな声で返した。
「だから俺も、元気になってみる」
肩の辺りに何か水分を感じた様な気がした。
でも、気のせいにしておこう。孝司が元気に
なろうとしているなら、俺がやるべき事はも
う決まっている。
二年振りのキスの後味は豚まん後ゴマ団子
だった。来年のキスもきっとそうだろう。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

別所御年賀

『腐女子言端』に掲げた御年賀小説、
こちらでも掲載致します。五百字で
ございます。お口に合いましたら幸い。
 毎年の様に寝正月は避けよう、と付き合い始めて
二年後から互いに言い聞かせる様に確認し合ってい
る。変な意味での疲れは残したくないし、ベルトの
穴の増減コントロールが大変だからだ。若い内から
しょぼくれた事言ってるんじゃねぇって?若い内だ
から後々の為に用心するのだ。惚れた相手の前では
寛ぐ姿は見せてもだらしない格好は見せたくない。
二回過ごした不摂生な正月の後、褪めた想いを再
び燃やす為に費やした時間の事を思えば二人で節制
してる方が遥かに楽だ。節制してる時間も二人で楽
しめるし。
節制といっても要は食べ過ぎず水分も摂り過ぎず、
愉しいと思える程度で留めれば良いだけの話。動け
る程度の腹加減に抑えて置けば手頃な所に出掛けよ
うと言う気にもなってくる。
「今年、何処行くン?」
「やっぱあれでしょ。まだ踏破してないし、折角
やから行かへん?」
「踏破なら松の内かぁ」
「多分な」
二人してとりあえず地図を広げる。日本一長い商
店街の踏破は地元の人間こそ却ってやってない筈。
今年は気張ってみよか。
posted by 葡萄瓜XQO at 21:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

御年賀

新春の賀を八百字の小説と言う形でお届けします。
本年度もよろしくお願い致します。
 時間を見計らって年越し恒例になりつつある
儀式の為に硝子戸を押し開ける。
「ぇらっしゃぃ」
「いつもの、短めで」
座ると同時に鋏が小気味良く動く。この床屋
の風景は全く変動と言うものを悟らせない。精
々の変化はストーブの上の薬缶がお洒落な笛吹
きケトルに変わった程度だ。
理髪師に鏡越しに目配せを送ると静かな頷き
が帰ってくる。うん、今年も滞りなく予定運行
出来そうだ。
一安心してさて襟足をあたって貰おうと思っ
た瞬間に不意の囁き。
「ア、親父に二人の仲の事言ったから」
なんだよそれと言い返そうとしたが剃刀を当
てられている最中に大声を出せる訳がない。と
りあえず一句たりとも聞き漏らすまいと耳を澄
ませる。
「結論から言うと、来年の大晦日には来るな、
と」
何てこったい、と思う。
出来るだけ友達として振舞ってきたのにこれ
じゃ水の泡じゃんか、と不貞腐れようとして、
ふと髭をあたろうとする理髪師の横貌を見上げ
てはっと気付く。
ああ、漢の横貌だ。
それなりの覚悟でこいつは親父さんにぶつか
ったんだよな。それならこっちも誠意はきちん
と見せるか。筋は通したいし。
そして絡む視線。理髪師が人の悪い笑みを浮
かべる。
「来年は大晦日じゃなくて年始の挨拶に来い、
とさ」
……どう言う事だ?
「来年の年始の挨拶、マ、明日から松の内の
明けまで、俺はお前に貸し出されるそうだ。よ
ろしく」
突っ伏したくなったが踏み止まる。全く。こ
の年になって年玉が貰えるなんて想定外だ。あ
の親父さんも粋な計らい過ぎだってぇの。
posted by 葡萄瓜XQO at 00:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯/企画 | 更新情報をチェックする