2005年02月28日

小説『デースケドガー、狼狽す』

SEO:デースケドガー

本日付で配信した小説の再掲です。


    デースケドガー、狼狽す
               XQO

 デースケドガーは狼狽していた。まさかこの
自分が仮面を着けて他人の寝所に潜り込む羽目
になろうとは思いも拠らなかったからだ。
 潜り込んだのが殿方の寝所だから狼狽したの
だろうと言う指摘はこの場合正当ではない。デ
ースケドガーこと土瓦D輔(以降はこの国での通
称;デースケドガーで通すが)にとっては殿方
が恋愛の対象であるから、その点では心配ない。
 忍び込む先故の困惑は大いにある。
 彼が忍び込もうとして居るのは、グーグリェ
ンドゥ氏の屋敷内、ゴッゴル=デ・ラ=イオア
イの寝所だからだ。
 幾らグーグリェンドゥ氏の依頼とは言え…幾ら
骨牌勝負の負債の帳消しが保障されているとは
言え…デースケドガーの一片の良心は躊躇って
いたのである。その躊躇いを上回る悦びも彼の
内には存在していたのだけれども。

 思えばかなり奇妙な依頼である。
 『ゴッゴル=デ・ラ・イオアイの寝所に忍び
込み、彼の髪の毛を彼を起こさぬ様にこっそり
抜き取り持ち帰る事』
 幾らデースケドガーが世情に疎い暮らしをし
がちであるとは言え、この依頼に妙な思惑の匂
いが漂っているのは判る。依頼主がグーグリェ
ンドゥ氏ではなく、そして負債の帳消しが絡ん
でいないならば言下に断っている話だ。
 しかし、デースケドガーは依頼を受けた。グ
ーグリェンドゥ氏が頭を垂れて彼に依頼したの
である。これは、かなり心が動く要素だ。誰だ
って、惚れた相手に頭を下げられたら無碍には
出来まい。デースケドガーもそうであった。惚
れた相手の片割れの頼みだからこそ引き受けた
のだし、惚れた相手の片割れの物を盗むという
背徳感があるからこそ不謹慎にも気持ちが燃え
上がっている、そう言う自分を抑えきれる程彼
は老成していなかった。然様。彼デースケドガ
ーはゴッゴルとグーグリェンドゥ氏のひとつが
いに懸想しているのだった。これは、楽な様に
見えて厄介な恋路であろう。

 寝所の扉をそっと開けて抜き足差し足で忍び
込む。事前にグーグリェンドゥ氏がゴッゴルに
一服盛って仕事をし易くしてくれているとの事
であったが、念を入れて置くに越した事は無い。
 枕頭のサイドテーブルでは駝鳥の卵殻を細工
したランプが穏やかな光を放っていた。その表
面を彩る山水画を描いたのは他ならぬデースケ
ドガー自身だ。
 何を以って描いたかと言えばゴッゴルの髪で
作った筆。その髪の出所はこの屋敷出入りの理
髪師で、デースケドガーは鼻薬を嗅がせてそれ
を手に入れたのである。
 新たに髪を手に入れる好機である。が、彼は
今回筆を作るだけの量の髪を抜き取る気は更々
持ち合わせていなかった。彼は只一筋の髪を欲
していたのである。ゴッゴルの体から抜き取っ
たものではなく、自然と抜け落ちた只一筋を。
依頼の為とは言えゴッゴルに痛みを与えるつも
りは毛頭無い。グーグリェンドゥ氏に差し出す
つもりの髪も、枕に落ちたものにしておこうと
心に決めていた彼であった。
 息を潜めて、微かな灯りに照らされた枕の上
を探る。先ず、一筋。そしてもう一筋。恐らく
今探している側の反対側に回ればもう二筋は見
つかる事だろう。三筋も持ち帰れば責められは
すまい。そう思って反対側へ回ろうとした矢先
であった。
 「髪は充分に梳かしたから、もう見つかりは
すまいよ」
 ゴッゴルの静かな一言は、彼を石にするのに
充分な力を持っていた。

 「悪いな。道楽に付き合わせて」
 「全くだ。俺の純情をどうしてくれる」
 枕元の灯りを増やして酒を酌み交わす二人。
片やからかう側であり片や見事にからかわれた
側。後ろから糸を引いた男も恐らく今頃祝杯を
あげているに違いない。
 「好かれて悪い気はしないが、堂々と好かれ
たいものでな。一寸策を練らせて貰った」
 「間男になる趣味は無いからな。それに俺は
二人に懸想しているのだし」
 「それよ。それならいっそ、そなたも此処に
住まわぬか?」
 「断っても住まわすのであろう?」
 「無論だとも。その方が退屈もしのげるしな」
 そして不意に奪われる唇。それがこの誘いの
手付だと知り、デースケドガーは改めて狼狽し
た。              (了)
posted by 葡萄瓜XQO at 15:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

小説「ゴッゴル物語」再掲

SEO:デースケドガー
本日は、今月末配信のデースケドガーを題材に採った
小説の予告編めいたものと致しまして、昨年11月末に
配信しました小説「ゴッゴル物語」を再掲させて戴きます。
凡そこの世界観に準じた物語が展開されるもの、と
予測して戴ければよろしいかと。


    ゴッゴル物語     XQO

 私、グーグリェンドゥとゴッゴル=デ・ラ=
イオアイの一日と言うのは十中八九の割合で私
の腰痛に拠るうめきで始まる。
 「痛々…もう年だな」
 起き抜けに腰を襲う鈍痛…それが房事に起因
するものであった事は実の所少ない。大体は横
に居る寝汚い若い友人の余りに健やかな寝相の
所為だ。
 この寝相に付き合う根気がにあったからこそ
ゴッゴルとこうして暮らしていられると思えば、
苦笑いが浮かびこそすれそうそう悪くは無い定
めだと言えるだろう。
 冬がまだ遠い季節で良かった。これが冬なら
ば腰の痛みとともにイェスパ風邪に襲われて、
幸せを噛み締める所では無くなっていただろう。
 当のゴッゴルはと言うと、枕を抱きしめて健
やかな寝息を立てている。
 全くもって、無邪気なものだ。

 この一見奇妙だが実に覚え易い名の若い友人
は、祖を遠き東方の島国に求める血筋であり、
『デ・ラ=イオアイ』と言うのは彼の地に伝わ
る慣わしから由来するのだという。
 が、その慣わしのあった事は本邦でも知られ
ているのだが、事の次第を細やかに伝える文書
は伝わっていない。伝わっているのは細切れの
木簡竹簡と石版の欠片だけ。紙に書かれた記録
は存在しない。事に拠れば焼き捨てられたのや
も知れぬ。
 その知識の断片故に、であろうか。ゴッゴル
を知る者は意味ありげな微笑を以って彼を見つ
めるのである。だが実際の所ゴッゴル自身は誰
からも彼の地の風習の手解きを受けていない。
彼の生活に彼の地の習慣が入り込んでいると言
われれば、それは彼が自然に会得したものであ
って、血脈から押し付けられたものではないだ
ろう。恐らくは、そうだ。
 又、彼の名である「ゴッゴル」はこの地の言
葉でもないし、彼の地の言葉でもない。  
 極々偶にある冗句の様な話であるが、実は誤
読の為この名は生まれたのである。本来なら彼
の名は「Gogjour」となる筈であった。が、彼の
出生書類を受理した役人も彼に最初の祝福を授
ける神官も「j」の文字を「g」と読み違えたの
である。
 故に彼の名は「Goggour」ゴッゴルとなった。
その間違いが彼にとって幸福なのか不幸なのか
は一口には言えない。万人に親しまれる名前で
あると言う点ではこれ以上はない幸福であろう
が、その親しまれ易い名前の効果で老若男子に
懸想され続けるのだとしたら、ある面不幸であ
ろう。
 ゴッゴル=デ・ラ=イオアイが老若問わぬ男
から懸想されるのは、青年期を迎えた今に始ま
った事ではない。幼少の頃から可愛い少女が傍
にいようとどう言う訳か彼の方に男が自然とな
びくのだ。
 愛し愛される技術を持つまではその懸想の重
みに潰されそうになっていた彼だが、手ほどき
を受けてその技術を開花させた今ではその重み
をかわす術も身につける事が出来ている。彼自
身は幼き者若き者達に対し手ほどきを行わない。
手ほどきを示唆するだけだ。ゴッゴル自身が手
ほどきをしてしまうと、された者がゴッゴルに
身も心も捧げ尽くし、本当に愛すべき者愛され
るべき者の所へ往けなくなってしまうからだ。

 実際の所、私がゴッゴルに惹かれたのは房事
やその類の所ではなく、また別の所である。
 ゴッゴルの時々演じる失態が余りに微笑まし
く、又目が離せぬからこそこうして盟友として
あり続けているのだ。二人とも房事には些か食
傷を覚えている事もあったし。
 寝台にしても、実は一つの寝台で寝ている訳
ではない。二つの寝台を横に並べてその上で寝
ているのだ。その方が色々と寝る間際に物を拡
げるのに便利であるから。無論、時に記が向け
ば房事に至る事もある。が、そう言う機会は今
の所、十日に一回訪れれば多い方だ。
 相手の体を貪って心を確かめていた若き日を
思わない事は無い。ゴッゴルもまだ若者の部類
であるから。が、穏やかに心の繋がりだけで日
々を過ごす安穏に、どうやらすっかり慣れてし
まったらしい。

 「おはようございます。グーグリェンドゥ。
又…」
 「元気があると言う事は良い事だ。気になさ
るなお若いの」
 「は、はぁ…」
 こうやって若者の照れた顔を頻繁に観ると言
う余禄も、決して悪いものでは無いだろう。
 そして、今日も一日は始まるのである。
                 (終)

それでは、今月末日の配信をお楽しみ戴ければ幸いです。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

発想の転換

SEO:デースケドガー

デースケドガーを個体名若しくは個人名と考えると
その内発想も行き詰まります。
そこで、萩尾望都さんの『ポーの一族』に倣いまして
少々変換を試みます。

ディー・セオリアス=ゴッゴル
スケィド=アルティアービュ
ゴゴリアール=ドガー

『ド』は重複して使う、と言う事で。
とりあえず試みではあります。物語の舞台を寄宿舎に
しては流石に悪乗りが過ぎましょう。が、ある程度
閉鎖的空間と言う前提が無いとやおい或いはボーイズ
ラブ若しくはショタの物語として構成し難い部分は
あろうか、と。

こう言うネタ繰りを暇をみてはしてしまうのは性分ですね。
posted by 葡萄瓜XQO at 16:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

満足度の追求

ゴッゴルがSEOコンテストの御題に出た時、当Blog
ではこれを『やおいやBL創作内のカップルのいちゃ
つき具合の単位』と設定し、行為の数値化を
(お遊びで)試みました。
今回も前例に倣い、デースケドガーを単位と設定して
数値化を図ってみます。
数値化するものは、やおいBLショタ創作内の
『恋人同士の満足度』です。
最終的な行為に対する満足度を仮に100デースケドガーと
設定しますと、接吻で凡そ20デースケドガーと言う
目安になりそうです。
但しこの数値化と言うのはあくまでも目安でしか
ないのですね。
接吻で既に100デースケドガー相当の満足を味わう人も
居るでしょうし、最終行為でさえ精々40デースケドガー
だと言い切る人も居るでしょう。
数値化に縛られて、数値の高さ=愛と勘違いする関係と
言うのも傍から観て良いものではありませんし。

……つい真面目に考え込んでしまいました。
SEO:デースケドガー
posted by 葡萄瓜XQO at 16:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

デースケドガーに於ける西手新九郎

「デースケドガー活用:人名」項にTBを戴いたBlogを
お見かけしたのは本当に偶然でした。
江戸川伝助…他に伝記を書かれていた方が既にお出で
だったとは(笑)
とりあえず二巻第六号用小説の主人公氏名は全く違う
ものであります事を申し上げて置きます。響きから
付けたと言う点では共通致しますが。

こう言う偶然性を擬人化して唐沢俊一さんは西手新九郎と
名付けられました。シンクロニシティの当て字ですね。
さて、この企画が終わるまでに筆者は何回西手新九郎に
導かれるのでしょう。
もしかしたら此処から「SEO萌え」と言うジャンルが
生まれるのでしょうか?
愉しみながら雑考思案中でございます。

SEO:デースケドガー
posted by 葡萄瓜XQO at 17:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

デースケドガー活用:人名

第二巻六号用小説進行中。展開を手探りしつつ
じわじわと書いております。

デースケドガーと言う言葉を其の侭登場人物名に
使うと言うのも面白いのですが、時には少し展開
させてみるとなお面白いかも知れません。
デースケドガーこと江戸川伝助、ですとか
デースケドガーの響きを少し変えてディスケドォゥグァ
ですとか。
Dieath-K=Dogerと言う展開も面白そうですね。
文章を綴る時にはこう言う名詞転がしと言うのが
良い気分転換になり、又現状逃避の代わりにも
なるのです。いい加減進行しないと素人でも気分は
腐りますから。

SEO:デースケドガー
posted by 葡萄瓜XQO at 16:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

デースケドガー進行中

第二巻六号用小説:御題『デースケドガー』
進行中です。上手く話は転がってくれています。
後は規定の長さに納めるだけです。

今回は告知が早々に回っているのか、皆さん
デースケドガーを素材に色々お楽しみの模様。
良い事かと思います。
言葉と言うのは使えば使う程馴染んで愛着が
湧くものです。筆者にとっては前回の御題である
ゴッゴルもまた愛着のある言葉です。
SEOコンテストが回を重ねれば言葉もまた増えて
参りましょう。
その言葉達を集めて一つの世界を作っていくのも
また乙なものかと今からつい愉しみに夢想して
おります。
SEO:デースケドガー
posted by 葡萄瓜XQO at 18:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

瓢箪から駒

二巻六号用小説着手しました。丁度ヒントになる
言葉が昨日ネットから採録出来ましたので。
はい、昨日来からネットを駆け巡っております
あの言葉でございます。今回はとりあえず話として
仕上げるのを優先と言う事で。

物語を紡ぐのに必要なものは萌えだけではござい
ません。多分些細なヒントから得る直感もあるの
では無いでしょうか。手前味噌で恐縮ですが。
書く事が出来ると言うのは、幸せな事としみじみ
思います。


SEO:デースケドガー
posted by 葡萄瓜XQO at 16:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

言葉から紡ぎだす

ゴッゴル…と言う言葉がSEOコンテスト用に
造り出されましたそうな。
言葉が造り出されるのは良いのですが、扱いに
困ります。特に筆者の様な内容のBLOGを書いて
いる人間にどう扱えと仰るのでしょう?

そうですね…やおいやBL創作内のカップルの
いちゃつき具合の単位をゴッゴルとしてみましょうか。
1ゴッゴル毎に親密度が増していると考えてみまして、
1ゴッゴル:指先が触れ合う。
5ゴッゴル:手を絡めあう
8ゴッゴル:キス(唇が触れ合う程度)
15ゴッゴル:濃厚なキス

以下続きますので途中省略しまして。凡そ
100ゴッゴル:行為に至る

と言う感じでしょうか。
何やってんだか(苦笑)

ゴッゴル参加中
posted by 葡萄瓜XQO at 18:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | 更新情報をチェックする