2017年06月26日

0625配信号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾四巻拾壱回  小説「うぇい」
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方、2016年4月14日に
発生しました平成28年熊本地震にて罹災した皆様方に
心からお見舞い申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤いに
繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
小説配信回、お楽しみ戴ければ幸いです。

〇●○

   うぇい
              XQO

 そう言えば、と電話のバッテリー残量を確認すると
通話には足りないがネットなら少しは出来る加減の残
量になっていた。拙いと思いとりあえず急場しのぎの
何かを探す事にする。
こうなるならさっきの通話を個別ソーシャルチャッ
トに切り替えておけば良かったかなどと言う不届きな
思いが一瞬過る。でも、返す刀でそれを打ち消す。保
登の声は現状の僕にとっては貴重なカンフル剤だ。そ
れを自分から手放すなんて馬鹿げた話はあるまい。
大体が今日日ネット重視になりがちな料金プランが
大手を振っており、なおかつその範疇で活用出来る音
声通話アプリだって各種存在するにも拘らず、保登の
声ありきで通話も重視したプランにしている訳だ。そ
う言う下準備をしているのだからそれなりの備えをし
ておくのが筋と言うものだろう。
予備バッテリーを多機能のものにして常備する様に
しておくのも手ではあるんだろうけど、正直気が乗ら
ない。その他の機能で肝心の蓄えが少なくなったら本
末転倒でしかないじゃないか。それなら万が一の備え
を習慣として身につけておいた方が気が楽と言うもの
だ。
そこまで用意をしておいたとしても肝心の会話なん
てほんと一切実のある話じゃないけどね。普通茶の間
でやってるだろうと言うレベルの他愛ない馬鹿話。そ
れなら文字だけでも充分だろうがよと思う時もたまに
あるが、やっぱ駄目だ。保登の声で馬鹿話を聞いて、
こっちが時には面倒臭さを感じつつ応える。そう言う
のが良いのだ。頭がほぐれる感じがして。

そんなに執着される様な御大層な声でもないんだけ
どな、と思いつつ想って貰えるのは嬉しいのでそれな
りのケアはする。あっちがあっちでそれなりの手間を
掛けてくれてる訳だからこっちも相応な支度で応じる
と言うのが礼儀。面倒臭かったら前もってSMSの一
本でも打てば良い話。その辺は短くはない付き合いだ
からそれなりに手慣れたもんだ。
まあ、長電話が主な目的ではないしね、お互い。結
果的に長電話になる率が多いと言うだけで、極端な事
を言えば目的なんざ三言ずつ交わせば充分に達せられ
る。後は互いにそれなりに種火を大きくすれば良いか
ら。
技術の進歩もあるんだし思い切ってテレビ電話を、
と血迷いかけた事もあったが良樹の冷静なツッコミで
上手く冷めた。
曰く、
「充電した途端に放電しつくしてどうするよ」
ま、正論だな。そう言うプレイが好きなら兎に角と
して、そうするなら互いの帰途に待ち合わせて寄り道
と言う選択肢を選べば良いだけの話。その種の熱を回
線越しに上手く伝える自信は無いから。あっちだって
多分そうだろう。
便利を最大限に駆使するのも生き方の一つだとは思
う。でも、俺達の場合、二人の間に一つくらい不便が
あっても良いんじゃないか、と俺の方は思ってる。ま
あ、最大の不便と言う奴は既に存在してるんだけどさ。
二人で一つ繭に入り込む事が出来ない以上、お互いの
熱を上手く感じ取れる距離感を常に確認しておくのは
悪くないと思うんだ。
元々別々だった人生が上手く重なって今日まで来て
る訳だから、維持の為に何が出来るか、考えておく事
は必要経費みたいなもんだろう。そこを削る様なら欲
しがる資格はないだろうな。面倒臭さも含めて愛しい
んだから仕方ない。

〈お疲れ。今日帰りだっけ?〉
出張帰りのいいタイミングでこの一言だもの。通話
の方をどうしても選ぶって。
〈今、空港に向かってる所。ま、さっくり行ってほ
っとしたわ〉
〈明日は休みだから多少遅延しても良いかもね〉
〈…どうせなら出てこない?〉
〈今から確保できるかどうかのもんだ…あ、上手く
空いてた〉
〈場所は?〉
〈メールしとく。こっちも今から向かうから〉
こんなアドリブもあるから二人の時間は面白い。こ
の調子ならいつ倦怠期が来るのだろうかと逆に興味が
出てきてしまって困る。いや、来て貰っちゃ困るけど
ね。
と、また来やがった。
〈こっちも今休みが確保できたから。後は積もる色
々諸々って事で〉
〈ああ、じゃ、空港で〉
楽しみ、一つ確保、と。         
                    【了】

〇●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
では次号まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 
http://com.nicovideo.jp/community/co1421231
定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。

2017年1月より『BL夜伽ラヂオ』第五期を配信しています。

BL作家紹介放送「BL夜伽ラヂオ」
基本的に毎月第二第四水曜日・午後9時(21:00)頃開始。
概ね30分ひと枠配信
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827
第13回は6月28日(第四水曜日)配信。
お題は「ジョシュ・ラニヨン」でお送りします。
併せてご愛顧戴ければ幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下、商業媒体告知です。

宙出版・刊『このBLがやばい! 2017年度版』(2016年12月12日刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4776796805/
にて、当方はBL通の末席で「あなたのBL BEST5」(コミック
・小説)選者で参加しました。
加えてランキング発表後のBL座談会で腐女子ブロガー・
ほたるさん(「BLの沼」管理)ととらのあな・商業誌
担当:担当Kさんと鼎談させて戴いております。
御高覧ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、2件目です。
2015年11月25日より集英社より電子書籍配信されている
ブリンクコミックスデジタル・ことり野デス子先生
「フダンシ革命」第2巻巻末企画にて、ことり野先生と
腐男子として対談させて戴いております。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0177H72ZO/
http://books.rakuten.co.jp/rk/42718e40b81938e788ce1e4a32558366/
ご高覧戴けましたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、3件目です。
2015年8月20日に玄光社から刊行されました
『はじめての人のためのBLガイド』【表紙:宝井理人】
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=8721
http://www.amazon.co.jp/dp/4768306462/
の企画・「私が選ぶ○○BLベスト5」の選者の一人と
して参加させて戴きました。
ご高覧戴けましたら幸いです。

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾四巻拾壱回 2017.6.25発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
  :aol-mail.jpg(メールマガジン専用アドレス)
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンド、
「ショタやおい雑記」にて公開しております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

2017-05-25配信

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾四巻拾回  小説「あんりある」
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方、2016年4月14日に
発生しました平成28年熊本地震にて罹災した皆様方に
心からお見舞い申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤いに
繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
小説配信回、お楽しみ戴ければ幸いです。

〇●○

   あんりある
                XQO

 最近はある意味とても呼吸し易い世の中になったと
思う。自分の「リアル」に拘って他人の実在を確証無
しに冷笑する人が増えたので、それなりに合わせてお
けば藪の中に紛れてあれやこれやが出来るのだから。
まあそういう「リアル」だって分解してみるとかな
り怪しいもんなんだけどね。要は自分の信じたいもの
だけ信じてる訳だからこちら側と基本同じでしょと言
う。ただ一段上で胡坐をかいて見下ろしたいからどう
のこうのと自身で証明可能説明可能な範囲の理屈を捏
ね回しているだけで、本当は事実なんて知ったこっち
ゃないんだろうと思う。
良いけどね、こっちにとってはそう言うのは本当に
どうでもいい。こっちの人生に干渉して来ないんだっ
たら、本当にどうでもいい。
同類扱いされない様に細心の用心はさせて貰うけど
ね。ひっそりしてる人達に変な影響が出てもいけない
し。

「……っつ、かれた…」
「お疲れ」
「麦茶、あったっけ?」
「ペットボトルので良いね?」
「良い」
受け取るなり先ず目枕の様に使うと言う時点で相当
気疲れしたんだろうなと思う。
「ほんとさ」
「んん?」
「あからさまな腹芸って、相手にしたくないな」
「あー、あれね」
「あれ以外もそうだけどさ」
「どの口で格差がどうこうと言いやがりますかと」
「関心と歓心は違うんだけどなぁと」
「感心もね」
「品評会じゃねぇんだから」
「まあまあ。もう縁はないだろうし」
「だな。次はない」
「…傍観しつつ気疲れしたのって、多分こっちも初
めてだわ」
「おや初耳」
「結果次第じゃ墓まで持ってく心算だったし」
「そう言うのこそ共有」
「して良いもんじゃないと判断した上での行動。了
解?」
「…納得した事にしとくよ」
「そうしてくれると助かる」
大袈裟な言葉で遣り取りしてるが、要は掲示板での
言った言わないの水掛け論の後始末だ。あまり変な言
葉が長引いても周りが退くだけだから、との一点を最
優先して立ち回ったので休憩を挟みつつ自分の立ち位
置を再確認しないと正直しんどかった。なるほど自分
でこうだ。手出しを封じられた形の修史の胸中は余計
に荒れたかも知れん、と今更ながらに反省。
殊更にお上品に振舞って世間体良く見られたいって
訳じゃない。ただ、ある程度生身の世間と同じ様な感
じで自分の出したごみは出来るだけ安全策も兼ねて自
分で始末したいってだけの話。冷静になって見返せば
加工云々も含めてリサイクル可能なものもあるからそ
のままごそっと遺棄するよりは嵩を減らす事も出来る。
そしたら廻り回って一寸でも風通しが良くなるんじゃ
ないかなと言う願望なら少しある。
そう思える様になったのは修史が手綱を握っててく
れていると言う安心感があるからだけどね。良く巡り
会えたもんだなと感謝してる。

佳久と邂逅した瞬間は結構鮮明に覚えている。うん、
よくあそこで退かないで前に進めたもんだ。つるみ出
して三年が経過するまでの間は悪魔に囁かれたかと苦
笑しか浮かばなかったけれど、そこから段々と年を重
ねるにつれ、天秤を持つ誰かさんの耳打ちだったのか
と思う余裕が生まれて来たのは我ながら不思議だ。
周りの環境も変化したのが大きかったかもな。開け
ると言う事に対しては人それぞれに反応が違っている
もんだったけど、俺達にとっては多分良かったのかも
知れない。無理筋な部分は自分達で調整すれば良い話
だから。
現状がリアルかそうでないかと言えば、俺達にとっ
ては間違いなくリアルだ。少なくとも当人達は出来る
だけ地に足つけて日々を送ろうとしてる、としか言い
様がない。
ぶっちゃけ人口の頭数だけリアルは存在するんだろ
うから、こう言うのもあって良いだろうって感じ。そ
して俺達は今日も足跡を何処かに刻んでゆく。誰に見
せるとかそう言うのは関係なしに。         
                    【了】

〇●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。

通例ですと次号は6月10日配信となりますが、今般は
配信者都合の為1号お休みを戴きます。

では次号、6月25日配信号まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 
http://com.nicovideo.jp/community/co1421231
定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。

2017年1月より『BL夜伽ラヂオ』第五期を配信しています。

BL作家紹介放送「BL夜伽ラヂオ」
基本的に毎月第二第四水曜日・午後9時(21:00)頃開始。
概ね30分ひと枠配信
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827
第11回は予定変更につき5月28日(第四日曜日)配信。
お題は「中邑冴」でお送りします。
第12回は6月14日(第二水曜日)配信。
お題は「新井煮干し子」でお送りします。
第13回は6月28日(第四水曜日)配信。
お題は「ジョシュ・ラニヨン」でお送りします。
併せてご愛顧戴ければ幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下、商業媒体告知です。

宙出版・刊『このBLがやばい! 2017年度版』(2016年12月12日刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4776796805/
にて、当方はBL通の末席で「あなたのBL BEST5」(コミック
・小説)選者で参加しました。
加えてランキング発表後のBL座談会で腐女子ブロガー・
ほたるさん(「BLの沼」管理)ととらのあな・商業誌
担当:担当Kさんと鼎談させて戴いております。
御高覧ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、2件目です。
2015年11月25日より集英社より電子書籍配信されている
ブリンクコミックスデジタル・ことり野デス子先生
「フダンシ革命」第2巻巻末企画にて、ことり野先生と
腐男子として対談させて戴いております。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0177H72ZO/
http://books.rakuten.co.jp/rk/42718e40b81938e788ce1e4a32558366/
ご高覧戴けましたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、3件目です。
2015年8月20日に玄光社から刊行されました
『はじめての人のためのBLガイド』【表紙:宝井理人】
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=8721
http://www.amazon.co.jp/dp/4768306462/
の企画・「私が選ぶ○○BLベスト5」の選者の一人と
して参加させて戴きました。
ご高覧戴けましたら幸いです。

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾四巻拾回 2017.5.25発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
  :aol-mail.jpg(メールマガジン専用アドレス)
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

独自配信は前号を持って停止しました。
今後は各号配信後数日おいて、「ショタやおい雑記」
に再掲する事で代わりとします。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

仇花の記憶~ショタやおい雑話~:第拾参巻拾五回  伝わるもの伝わらないもの(2016-8-10配信)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾参巻拾五回  伝わるもの伝わらないもの
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方、2016年4月14日に
発生しました平成28年熊本地震にて罹災した皆様方に
心からお見舞い申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤いに
繋がりますならば幸いです。

ごきげんよう、葡萄瓜でございます。
では、つらつらとつづって参りましょう。

やおいBLショタ耽美JUNEと一口に申しましてもそれぞ
れにそれなりの来歴があり、また蓄積してきた歳月が
ございます。更に分割すれば作り手側から視た史観も
読み手側から視た史観もある訳です。
ですので歴史語りをする際には同類項を洗い出した上
で擦り合わせを行う必要があるのですが…その中にお
いて一つ厄介な存在があります。
「根拠を明示しないまことしやかな口伝」です。
残念ながら今もってその類と認識せざるを得ない単語
を筆者は提示しなければなりません。
それは『腐女子』です。
ネット上に痕跡は遺っていても何時から用いられたの
か、誰が提唱し始めたのかが今もって証明付きで提示
されていない現状。なのにBL語りをする際には重要な
言葉としてしれっと用いられている。非常に矛盾した
存在です。
いや一寸待て、言葉はある程度ぼかしてあるけれど来
歴を示したネット辞書は存在するだろうと言う声もあ
りましょう。筆者もその存在を把握していますが盲信
はしておりません。何かしらの理由から色々ぼかして
あるのかも知れませんが、それを裏付ける他者による
証明提示がなされてない以上、盲信は危険だろうと判
断しました。一応筆者自身もあたりを付けて探りまし
たが成果は出ませんでしたし。
何しろ研究者でさえ「古くからある言葉」と言う一言
で済ませる存在ではあります。かと言ってやおいから
BLへの過渡期の頃、1980年代後半から90年代前半の頃
に言葉が存在したのかと言えばその頃の当事者の発言
等をみる限りではそうではない様子。加えて拡散して
いるのは2000年以降のネット上の口伝が主な要因と言
う状況。
この「腐女子」と言う言葉の在り様は、関連界隈の歴
史を考える上でのヒントであり戒めであるのだろうと
筆者は愚考します。
歴史上に遺る一里塚は時として地味なものです。主張
の拠り所にしようにも余りにも地味な為、盾にして目
立たせる事ができない。
だからと言って激しい語感で悪目立ちする根拠のはっ
きりしない口伝を盾にして進んで良いかと言うと、そ
うではないでしょう。根拠がはっきりしないと言う事
は定義が何時の間にか摩り替えられている可能性もあ
ると言う事です。
確実に進む為には、旗標にも一本筋の通ったものが必
要なのではないか、と浮上しては忘却されて言った言
葉達を振り返りつつ愚考します。
直ぐには伝わらなくても、時間を重ねれば伝わる事も
あります。自分の拠り所になる言葉は、丁寧に扱いた
いものです。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

以下、補足として。

腐女子の語源関係でネット上で確認できる最古と思わ
れる記録は下記の通り。

日記・Diary : 1999.08 まで
(赤穂 昭太郎 / Shotaro Akaho)
http://www.geocities.jp/shotaro_akaho/diaryj-199908.html
1999年8月11日付の記述より。

用いられている場所(某掲示板と記述)と概念につい
ての軽い言及。

また、2004年10月以降提示されていると思われるネッ
ト上用語辞典 「 《ぱら☆あみ》的同人用語の基礎知
識 」 『腐女子』詳細解説では、ある女性漫画家が提
唱したと言う記述があるが、彼女の氏名は伏せられ、
提唱した時期も伏せられている。
http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok2r.htm

なお、腐女子関連の書籍で今現在、語源に関して歴史
的に解明した書籍は、筆者の確認した限りでは存在し
ない模様。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 
http://com.nicovideo.jp/community/co1421231
定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。

2016年(本年)1月より『BL夜伽ラヂオ』第四期を
配信致しております。

BL作家紹介放送「BL夜伽ラヂオ」
基本的に毎月第二第四水曜日・午後9時(21:00)頃開始。
概ね30分ひと枠配信
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827
第17回配信は本日10日(第二水曜日)。
お題は「加山弓」でお送りします。

併せてご愛顧戴ければ幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下、商業媒体告知です。
2015年8月20日に玄光社から刊行されました
『はじめての人のためのBLガイド』【表紙:宝井理人】
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=8721
http://www.amazon.co.jp/dp/4768306462/
の企画・「私が選ぶ○○BLベスト5」の選者の一人と
して参加させて戴きました。
ご高覧戴けましたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、2件目です。
2015年11月25日より集英社から配信されている
電子書籍・ブリンクコミックスデジタル、
ことり野デス子先生「フダンシ革命」第2巻
巻末企画にて、ことり野先生と腐男子として
対談させて戴いております。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0177H72ZO/
http://books.rakuten.co.jp/rk/42718e40b81938e788ce1e4a32558366/
ご高覧戴けましたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

商業媒体告知、3件目です。
宙出版・刊『このBLがやばい! 2016年度版』
(2015年12月12日刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4776796627/
にて、当方はBL通の末席で「あなたのBL BEST5」
(コミック・小説)選者で参加しました。
更に「2014~2015 BLニュースこの1年!!」(BL重大ニュ~ス!!)
を書かせて戴き、加えてランキング発表後のBL座談会で
評論サークル・ガール社のユーホさん、BLの取り扱いもある
インターネットカフェ・和style.cafe AKIBA店スタッ腐さんと
鼎談させて戴いております。御高覧ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

なお、配信スタンドの内、merumoは2016年9月30日を
もってサービス停止との事です。
他配信スタンドへの移行をよろしくお願い致します。

=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾参巻拾五回 2016.8.10発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
  :aol-mail.jpg(メールマガジン専用アドレス)
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

merumo
http://merumo.ne.jp/00609565.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

また独自配信も開始しております。
http://xqo.ooh.jp/mag/d-send.html

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

【メルマガ】第拾参巻弐拾参回  凄味の在処【20161210配信】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾参巻弐拾参回  凄味の在処
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方、2016年4月14日に
発生しました平成28年熊本地震にて罹災した皆様方に
心からお見舞い申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤いに
繋がりますならば幸いです。

ごきげんよう、葡萄瓜でございます。
では、つらつらとつづって参りましょう。

国民投票により世界に誇りたい日本のポップカルチャー
作品を選ぶと言う触れ込みの企画・SUGOI JAPAN AWARD。
http://sugoi-japan.jp/
2015年以降、年に一度の頻度で開催されているこの企画に
おいて2016年及び2017年、BL作品がノミネートされている
事を把握されている方も多かろうと愚考します。

2016年はヨネダコウ先生の「囀る鳥は羽ばたかない」が
マンガ部門のノミネート作品に選ばれ、最終的に4位と
言う戦績を残されました。
2017年はマンガ部門に宝井理人先生の「テンカウント」が
マンガ部門ノミネート作品に、また、中村明日美子先生
原作の「同級生」がアニメ部門ノミネート作品に選ばれ、
現在投票が行われている最中です。

ボーイズラブと言う言葉が1991年に生み出されてから
ほぼ四半世紀の時が流れ、その上でこう言う外部からの
評価の機会を得たと言うのは喜ぶべき事なのでしょう。
ただ、BL読者の一人として考えるとネットを経由して
作品を知った海外の人からの個人レベルでの評価が散見
されると言う現状があるので、改めてのお墨付きと言う
のは誰の為なのだろう、とふと考えてしまいます。
特定の方々の望ましい型にはめる為のお墨付きならば
足枷になるのかな、とも。
「囀る鳥は羽ばたかない」に対する評価を見る限りでは
当方のこの考えは被害妄想が多目に入った杞憂に過ぎ
ません。これからも杞憂であることを祈りたいです。

そこで改めてBLと言うジャンルの作品を公向けの言葉で
薦めてみようと試みますと…これが結構難しかったり
します。
何しろ薦めようとする相手にBLに萌えて貰える素養が
あるかどうか、その大前提から考えなければいけない
訳です。
これがBL読者同士であれば余程の地雷を持ち合わせて
いない限りはある程度話は通じましょう。あくまでも
ある程度です。共通項の持ち合わせがあるとは言え、
萌えのツボは百人百様ですから。
ですので薦める際には「何故(その作品が)BLである
必要があるのか」と言う事を自分なりに説明できる様に、
自身の熱意を改めて把握しておく事が大事ではなかろうか、
と愚考します。
難しい言葉で学問を気取る必要は多分ありません。
この作品を薦めたいと言う熱意が根本にあれば、多分
適切な言葉が見つかる筈です。
適切な言葉を探しあぐねた際、熱意をある程度提示し
易く成型する為に学問を借用する、程度の気持ちで
良いのではないかと。
少なくとも現時点で当方は、そう愚考します。

とまれ、一票を投じなければ熱意も届けようがありません。
投票期限は1月3日との事です。
改めて作品と対峙し、魅力を再発見する為に会話する
良い機会なのかも知れませんね。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
(諸告知略)
=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾参巻弐拾参回 2016.12.10発行
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

【無印】第三十二回  小説「ゴッゴル物語」【2004-11-30発行】

もう、一昔前の話になるのですね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第三十二回  小説「ゴッゴル物語」
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
月末の小説配信回。お楽しみ戴ければ幸いです。
○●○

    ゴッゴル物語     XQO

 私、グーグリェンドゥとゴッゴル=デ・ラ=
イオアイの一日と言うのは十中八九の割合で私の
腰痛に拠るうめきで始まる。
 「痛々…もう年だな」
 起き抜けに腰を襲う鈍痛…それが房事に起因する
ものであった事は実の所少ない。大体は横に居る
寝汚い若い友人の余りに健やかな寝相の所為だ。
 この寝相に付き合う根気があったからこそ
ゴッゴルとこうして暮らしていられると思えば、
苦笑いが浮かびこそすれそうそう悪くは無い
定めだと言えるだろう。
 冬がまだ遠い季節で良かった。これが冬ならば
腰の痛みとともにイェスパ風邪に襲われて、
幸せを噛み締める所では無くなっていただろう。
 当のゴッゴルはと言うと、枕を抱きしめて
健やかな寝息を立てている。
 全くもって、無邪気なものだ。

 この一見奇妙だが実に覚え易い名の若い友人は、
祖を遠き東方の島国に求める血筋であり、
『デ・ラ=イオアイ』と言うのは彼の地に
伝わる慣わしから由来するのだという。
 が、その慣わしのあった事は本邦でも知られて
いるのだが、事の次第を細やかに伝える文書は
伝わっていない。伝わっているのは細切れの
木簡竹簡と石版の欠片だけ。紙に書かれた記録は
存在しない。事に拠れば焼き捨てられたのやも知れぬ。
 その知識の断片故に、であろうか。ゴッゴルを
知る者は意味ありげな微笑を以って彼を見つめるので
ある。だが実際の所ゴッゴル自身は誰からも彼の地の
風習の手解きを受けていない。
彼の生活に彼の地の習慣が入り込んでいると言われれば、
それは彼が自然に会得したものであって、血脈から
押し付けられたものではないだろう。恐らくは、そうだ。
 又、彼の名である「ゴッゴル」はこの地の言葉でも
ないし、彼の地の言葉でもない。  
 極々偶にある冗句の様な話であるが、実は誤読の為
この名は生まれたのである。本来なら彼の名は「Gogjour」と
なる筈であった。が、彼の出生書類を受理した役人も
彼に最初の祝福を授ける神官も「j」の文字を「g」と
読み違えたのである。
 故に彼の名は「Goggour」ゴッゴルとなった。
その間違いが彼にとって幸福なのか不幸なのかは
一口には言えない。万人に親しまれる名前であると
言う点ではこれ以上はない幸福であろうが、
その親しまれ易い名前の効果で老若男子に懸想され
続けるのだとしたら、ある面不幸であろう。
 ゴッゴル=デ・ラ=イオアイが老若問わぬ男から
懸想されるのは、青年期を迎えた今に始まった事では
ない。幼少の頃から可愛い少女が傍にいようと
どう言う訳か彼の方に男が自然となびくのだ。
 愛し愛される技術を持つまではその懸想の重みに
潰されそうになっていた彼だが、手ほどきを受けて
その技術を開花させた今ではその重みをかわす術も
身につける事が出来ている。彼自身は幼き者若き者達に
対し手ほどきを行わない。手ほどきを示唆するだけだ。
ゴッゴル自身が手ほどきをしてしまうと、された者が
ゴッゴルに身も心も捧げ尽くし、本当に愛すべき者
愛されるべき者の所へ往けなくなってしまうからだ。

 実際の所、私がゴッゴルに惹かれたのは房事や
その類の所ではなく、また別の所である。
 ゴッゴルの時々演じる失態が余りに微笑ましく、
又目が離せぬからこそこうして盟友としてあり続けて
いるのだ。二人とも房事には些か食傷を覚えている
事もあったし。
 寝台にしても、実は一つの寝台で寝ている訳ではない。
二つの寝台を横に並べてその上で寝ているのだ。
その方が色々と寝る間際に物を拡げるのに便利で
あるから。無論、時に気が向けば房事に至る事もある。
が、そう言う機会は今の所、十日に一回訪れれば多い方だ。
 相手の体を貪って心を確かめていた若き日を思わない
事は無い。ゴッゴルもまだ若者の部類であるから。
が、穏やかに心の繋がりだけで日々を過ごす安穏に、
どうやらすっかり慣れてしまったらしい。

 「おはようございます。グーグリェンドゥ。又…」
 「元気があると言う事は良い事だ。気になさるなお若いの」
 「は、はぁ…」
 こうやって若者の照れた顔を頻繁に観ると言う余禄も、
決して悪いものでは無いだろう。
 そして、今日も一日は始まるのである。
                 (終)

○●○
さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて
戴きます。次号まで、御機嫌宜しゅう。
=======================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第三十二回 2004.11.30発行
【以下略】
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

第拾弐巻参回  今ひとたび、統一見解の為に【20150210発行】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾弐巻参回  今ひとたび、統一見解の為に
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い
申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に
出来ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の
潤いに繋がりますならば幸いです。

御機嫌よう、葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は資料編と言う形になります。
ネット上で腐に関する話題を展開する際に話者それぞ
れに提示する定義が統一されていない為に話した結果
だけが独り歩きしている事がままございます。
それだけでしたらさして問題はないのですが、その話
した結果を底本とした水掛け論が展開され、更に輪を
かけた誤解錯覚が流布されてそちらを本義とする様な
動きまで出てしまっているので流石に傍観していても
閉口する事が暫し。
せめて、と言う事で「腐女子」「腐男子」と言う二つ
の語彙に関して筆者なりに今一度言及して共通見解の
一助にしたい、と思う次第です。

○●○

BL好きの女性の女性を指して言う「腐女子」、実はい
まだ来歴発祥が明らかにされていない言葉です。
ネット上で生まれた言葉だと言う事で片付けようとさ
れる向きもありますが、それならそれでネット上に何
らかの痕跡がある筈なのに一切残っていないのです。
少なくとも一つ明確なのは1999年8月に記された個人
日記内の記述が恐らく腐女子と言う言葉がネット上で
確認された最古の記録であろうと言う事実だけ【傍注1】。
その後、筆者が歴史メモ書き「ボーイズラブ回顧年表」
経由で伺った証言によれば、90年代後半のパソコン通
信上で一部の方に使われていたと言う状況があったと
の事。それも自然発生した言葉ではなく、どうも外部
から持ち込まれたらしい言葉である、との印象があっ
たらしいですね。
そしてその外部を指しているらしき言及もネット上に
存在する訳ですが【傍注2】、発祥自体には触れられて
いても肝心の「何時・誰が」と言う部分に触れられて
いないのです。
何より現時点まで出腐女子に関する本は軽いものから
重いものまである程度刊行されている訳ですが、皆、
何かのコードを順守しているかの様に語源に関して、
遡及言及していないのですね。
ネット上で積み重ねられてきた「腐女子」の歴史は、
俗語と言う視点で見ればその都度都度の利用者に都合
の良い言葉として多用されてきただけであるとも言え
ます。
罵り言葉として用いられる際の「腐女子」もまた然り。
でも不思議な事にイメージだけは共有されているので
す。良きにつけ悪しきにつけ。その上に誤用曲解も付
与され、そして更に淘汰されて現在があると言えまし
ょう。

言葉の来歴と言う事ならば「腐兄」「腐男子」は「腐
女子」より明確な痕跡が遺されています。もっともそ
れは生まれてからまだ日が浅いからと言う部分がある
からでしょう。日が浅いと言っても10年以上は経過し
ておりますが。
「腐兄」は元々2ちゃんねる801板で2002年に符牒めい
た自己紹介用語として提唱され【傍注3】、そこに元か
らあった言葉と称して付加されたのが「腐男子」でし
た【傍注4】。
腐兄も腐男子も腐女子の対になる言葉として浸透して
行きましたが、2ちゃんねる内部では主に腐兄が用いら
れ外部に向けては腐男子が用いられる傾向がありまし
た。前述の経緯が些か影響していたのかも知れません。

これを踏まえてみると、BLを好きな女性の事を腐女子
と言うのだから(創作の)百合好きの男性の事を腐男
子と言うのではないかと言う2010年代に入ってから殊
更に散見される物言いが筋違いであるとご理解戴ける
かと。
確かに男子と女子とで対語になっているから一見理に
かなっている様ですが、その対になっている理由自体
言葉の発祥経緯とぶれておりますから。
そもそも(創作の)百合好きの男性は自分達の属性の
名乗りに無頓着な感じでした。どうしてもと言う時に
一部の方が百合スキーと名乗られていた様な感じかと。
「腐兄」「腐男子」に百合好きな男性と言う意味合い
が与えられたのは発祥の地ではなく、2005年11月に別
の場所で間違った伝聞が書きこまれてから以降と思わ
れます【傍注5】。

以上ざっくりと腐女子・腐男子・腐兄と言う言葉の筆
者なりの経緯まとめを記しました。
申し添えておくとこれ等の言葉を肩書にする際に資格
試験の類は一切ありません。また、これ等の言葉は万
能手形と言う訳でもありません。
言葉に魂をどう吹き込むかは人それぞれの裁量でしょ
う。

○●○
傍注1
日記・Diary : 1999.08 まで
(赤穂 昭太郎 / Shotaro Akaho)
http://www.geocities.jp/shotaro_akaho/diaryj-199908.html
11日付の記述より。語源に関しての言及なし。

傍注2
同人用語の基礎知識/ 腐女子/ Fujyoshi
http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok2r.htm

傍注3
「オトコのヤオイ好きの憂鬱」
http://mimizun.com/log/2ch/801/1029955810/
4番レス【8月22日記述】

傍注4
「オトコのヤオイ好きの憂鬱」
http://mimizun.com/log/2ch/801/1029955810/
69番レス【8月29日記述】
但し、発言の論拠は提示されず。

傍注5
2ちゃんねる レズ・百合萌え板(bbspink)
「■この板にレズじゃないやつって何割いるの?」
http://mimizun.com/log/2ch/lesbian/1130915052/
8番レスにて腐男子・腐兄=百合好きと称する動きがあ
ったとの示唆。場所への言及なし。

○●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 

定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。

2015年1月より『BL夜伽ラヂオ』第3期を配信致しております。

BL作家紹介放送「BL夜伽ラヂオ」
毎月第二第四水曜日・午後9時(21:00)頃開始。
基本は30分ひと枠配信

第3期第3回放送は11日(第2水曜日)配信予定です。
お題は「野阿梓」でお送りします。

併せてご愛顧戴ければ幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下も告知です。
宙出版・刊『このBLがやばい! 2015年度版』
このBLがやばい! 2015年度版 (Next BOOKS)
http://amazon.co.jp/dp/477679649X にて、
当方はBL通の末席でコミック・小説のアンケート回答
(レビュー)に参加しました。
今回は更にウェブBLコミック特集・「2013~2014 BLニュース
この1年!!」(BL重大ニュ~ス!!)の2記事を書かせて
戴きました。加えてランキング発表後のBL座談会で
評論サークル・ガール社のユーホさん、BLコミックカフェ・
カフェ801【cafe801/カフェハチマルイチ】のまこさんと
鼎談させて戴いております。御高覧ください。

=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾弐巻参回 2015.2.10発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
  :aol-mail.jpg(メールマガジン専用アドレス)
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

merumo
http://merumo.ne.jp/00609565.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

また独自配信も開始しております。
http://xqo.ooh.jp/mag/d-send.html

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タグ:腐男子 腐兄
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

第拾巻拾七回  #BL短歌@twitter xqo_b詠・その1(20130910)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第拾巻拾七回  #BL短歌@twitter / xqo_b詠・その1
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い
申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に
出来ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の
潤いに繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は筆者がTwitter上で詠んでおりますBL短歌の纏め
をお肴に供したいと思います。
なおこれらは先にニコニコ動画上で詠んだ動画がござ
います。文字で改めて起こすとどうなるか。お愉しみ
ください。

○●○

真夜中の空の寝床の味気無さ君が名残の一筋しがむ

思い込むあなたを好きでいる為に自分の中のその方向性

空白をただあたためて待っている己の欲に溺れぬ様に

夜明けまで戯れようかと誘い掛けあしらわれては寝床に沈む

ただ息が過ぎゆくだけの喉の奥君の名残が一瞬薫る

上描きの画材はいっそ白ばかり濁るか澄むかの違いはあれど

君と僕別々だから関係が成り立つのだと自覚する日々

その全て実は毎日俺の糧素直になれず笑いはするが

「さよなら」で戯れながらまだ迷う君の気持に寄り添いたくて

形代の冷たさ硬さにふと醒める辞世に紛れて欲詠うかと

かしづいた君を欺き述べるのは神を騙った己の言葉

追いついた小さいその手にぎょっとするその人生を貰って良いかと

口実に律儀に応える君の傍次を企む浅ましおのれ

軽々と脱衣媼を退ける忠義と半分嘘をつきつつ

年経れば手管の一つも思いつく自然がどうのと言い訳せずに

先程のほの温かさを得物にしひたひた歩く独りじゃないと

端っから生命円環無視の恋一つ奇跡が増える愛嬌

弄ぶ符牒見立ての囁きを冷める元とは気付かぬ君よ

たまにはさ花ゆめなんて良いよねと言われてドヤっと花音渡す

その吐息重い想いと受け止める君に合わせて言葉にせぬが

夜の底涙に濡れた衣鎖二人の心も解き放たずに

背反の心配通じぬ故に泣く自分勝手と承知の上で

つい拾うその恋文の宛先が自分と知って不意に君視る

まだ消せぬテレビの様な未練かないっそ付き合え砂嵐まで

その素振り計算なのか天然か計算ならば自乗にするよ?

冷飯に罪科無しと承知して次の一手の為には喰うか

一献よ君が真意を焙り出せ俺にとっても口実であり

蜜と罪含んだ果実を持つ吾ら寄せ合う脈も何時しか同期

何時の間に酒の種類を変えているこの後始まる何かの為に

猫耳と尻尾をつけて戯れに付き合ってみる寝室の隅

外の蜜触媒となり身の内の真白な蜜をたぎらせている

華やぎに包んだ棘から目をそらし首を傾げた白さとあそぶ

触れぬまま落ちたその花惜しむ君同じ口調で薄命称え

世の枠に己をはめても安らげず今の今まで円環捕囚

寂しさを埋めんが為の恋でなくせめて留まる為のよすがに

どうせなら白く冷たく染め直せ逆炎恋情かき消す様に

行く先は自由はたまた束縛か何れにしても互いが得物

貴腐人の波に紛れて詠んでいる四半世紀の業噛みしめて

その爪の滑らかさにぞ恋をする感覚だけを遺せる爪に

常識のBGMに逆らっていっそままよとサイコロ託す

○●○

上記BL短歌朗詠動画
★☆★
【自作短歌朗詠】BLみそひともじ朗詠【ボーイズラブ】BL短歌@twitter
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20246407
★☆★
【自作短歌朗詠】BLみそひともじ朗詠【ボーイズラブ】BL短歌@twitter / 2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20442350

○●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きま
す。次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BoysLoveみそひともじ朗詠 
http://com.nicovideo.jp/community/co1421231
定例配信:毎月第一月曜日・21:00(午後9時)頃~

雑談枠:「合切袋のプチ整理」
毎月第三月曜日・21:00(午後9時)頃~

お時間がありましたらよろしくお付き合いください。

また、『BL夜伽ラヂオ』第二期までの準備期間中、カ
テゴリ雑談放送として「ボーイズラブこざらじお」を
配信致します。

「ボーイズラブこざらじお」
月の第2週及び第4週火曜日・午後9時半(21:30)頃開始。
30分ひと枠配信
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827

併せてご愛顧戴ければ幸いです。

=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第拾巻拾七回 2013.9.10発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

おしらせメールサービス
http://www.marine.ne.jp/mm/user.asp?id=75297

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

merumo
http://merumo.ne.jp/00609565.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

また独自配信も開始しております。
http://xqo.ooh.jp/mag/d-send.html

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

第九巻弐拾参回  回顧の一助・後編【2012.12.10発行】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第九巻弐拾参回  回顧の一助・後編
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い
申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤い
に繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。

今回は筆者がメモ代わりにまとめた「BL回顧年表」か
ら言葉の出典を主にした重要な事項を適宜抜粋し、某
かのお役に立つ様前後編に仕立てて供します。今回は
その後編です。
参考文献・出典は可能な限り記します。

〇●○

【前々号:第九巻弐拾壱回より続く】

2001 年 9 月
米・カリフォルニア州にて“YAOI-CON”開催される。
以降年一回開催され、日本からも開催毎にゲストを招
く様になる。
http://yaoicon.com/
《日本からの招聘ゲスト一覧》
2001 氷栗優・黒川あづさ・新宿西口・米沢嘉博
2002 新田祐克
2003 櫻井しゅしゅしゅ
2004 やまねあやの
2005 こだか和麻・氷栗優
2006 わたなべあじあ・川唯東子
2007 沖麻実也・川原つばさ・高永ひなこ
2008 大和名瀬・かいやたつみ
2009 南かずか・宮本佳野
2010 やまねあやの・置鮎龍太郎・木内秀信・
   高永ひなこ・宮本佳野
2011 稲荷家房之介
2012 小笠原宇紀
なお、同イベントは個人主催により開始されたが2011年
以降、アメリカの出版社Digital Manga Publishingの
手による開催となった。
参照:http://en.wikipedia.org/wiki/Yaoi-Con

2002 年 8 月
「オトコのヤオイ好きの憂鬱」
http://www2.bbspink.com/801/kako/1029/10299/1029955810.html
4番レス(2002年8月22日記述)にて「腐女子」との洒
落合わせと言う形で「腐兄」と言う男性やおい愛好者
の自称が提唱される。
また69番レス(2002年8月29日記述)にて「腐男子」が
一般的に用いられていると発言されたが論拠等は示さ
れず。なお、この時点で腐男子にも腐兄にも百合好き
と言う属性は付記されていない。

2002年10月1日
「小説 JUNE」(マガジン・マガジン刊)2002年10月号
【通巻 144 号】
特集《男と男の抒情詩!『さぶ』大辞典》掲載インタ
ビュー(142 頁~)に於いて『comicJUN』創刊編集長
・『さぶ』創刊編集長を歴任した櫻木徹郎(当時『小
説JUNE』編集長。現マガジン・マガジン専務取締役)
が「『さぶ』は元々(『ジャン・ジュネ』の世界観を
考えて)『ジュネ』と言う誌名になる筈だった」(要
旨) と発言。

2003年6月7日
B6版オリジナルアンソロジー『恋だろ!?恋!』13(光
彩書房・刊)読者コーナーにて編集部から読者への呼
びかけとして「腐女子」が用いられる。(168 ページ)
現在明確に確認できる「腐女子」活字化の嚆矢か?

2004 年
アメリカにて専門出版社"YAOI PRESS"発足。
WEBサイト稼働及び実質的な刊行開始は 2005 年に入ってから。
【 Web Archive 及び Amazon の検索に拠った】
http://yaoipress.com/

2004年5月1日
『ぱふ』(雑草社・刊)2004年5月号巻末掲載「ぶらり
途中下車の旅」池袋(東口方面)編文中に於いて「乙
女ロード」の名称が始めて用いられる。

2004年8月11日
B6版オリジナルアンソロジー『恋だろ!?恋!』21(光
彩書房・刊)読者コーナーにて編集部から読者への呼
びかけとして「腐男子」も「腐女子」とともに用いら
れる。恐らく「腐男子」が活字になった嚆矢か。

2005 年 1 月
PCゲーム『好きなものは好きだからしょうがない!!』
がアニメ化され地上波放映される。
ボーイズラブ作品の初TVアニメ化。

2005年10月1日
別冊ぱふ『BLM ビーエルマガジン』(雑草社・刊)
創刊
ボーイズラブ作品刊行専門情報誌の先駆では無いかと
思われる。
またこの本のタイトルは公的にBLをそのままビーエル
と読み下した先駆であるかと思われる。惜しくも2号
にて終了。

2005年12月1日
『Newtype』(角川書店・刊)12月号掲載記事
「2005年もの申す」掲載解説(106ページ)にて乙女
ロードを「通称・腐女子ストリート」として紹介。

2006年3月16日
『オタク女子研究 腐女子思想大系』(杉浦由美子・
著/原書房・刊)刊行。
腐女子を全面的にタイトルに掲げた書籍としては初め
てのものかと思われる。

2006年4月
ビブロス倒産。系列会社のハイランドも倒産する。

2006年5月
リブレ出版発足。

2007年3月
米・POP JAPAN TRAVEL 社“Yaoi Bishonen and Boys
Love Tour”を企画し来日。
このツアーは後年“FUJOSHI PARADISE TOUR""FANGIRL
PARADISE TOUR”と名を変え定着
http://web.archive.org/web/20070102205230/http://www.popjapantravel.com/tours/2007_yaoi.html

2008年3月12日
腐女子専用ポータルサイトと銘打った“腐女子.JP”
開設。
http://fujyoshi.jp/

2008年5月2日
乙女用ポータルサイト“がる★ぱら”開設。
http://www.garupara.jp/

2008年12月30日
同人誌『腐男子にきく。』(吉本たいまつ・編著)刊
行。
学術的な面から腐男子の存在を考察した一冊。
翌2009年3月8日には諸事情により同書の改訂版が刊行
される。
また続編『腐男子にきく。2』が 2010年8月15日に刊行
される。

2009年4月4日
腐男子ポータルサイト“腐男子.net”、中国にて開設
される。
http://www/fudanshi.net/

2009 年 11 月 1 日
乙女のための図書館・cafe801〈カフェハチマルイチ)、
現在地にて開店する。
http://cafe801.org/
月に数日間、男子入店可能期間も設けられている。

2011年1月7日
(株)ピクト・プレス営業停止。自己破産へ。
編集プロダクションを経て出版社へ。二次創作アンソ
ロジー及び個人選集で急成長するも…。
なお、刊行物等の残務処理の一部は同じくアンソロジ
ー刊行事業で頭角を現した CLAP が執行している。

2012年9月10日
リブレ出版より咎井淳(Jo Chen)参加のユニット・
Guilt|Pleasureの著作『IN THESE WORDS』刊行。
訳出BLでは恐らく初めて品不足による入手困難な状態
に陥る。
ちなみにJo ChenはYAOI-CONに2003年以降ほぼ毎年ゲ
ストとして招聘されている。

〇●○

此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。次
号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上出典:
ボーイズラブ事象回顧年表:20121106版
http://xqo.ooh.jp/cc/by-sa/BLchronicle_20121106.pdf
http://bllogia.wordpress.com/2012/11/05/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%96%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E5%B9%B4%E8%A1%A8%EF%BC%8820121106%E7%89%88%EF%BC%89/

=========================

以下喧伝です。

ニコニコ生放送「BL夜伽ラヂオ」
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827
2012年1月5日(木)21時(午後9時)より開始。

毎週水曜日19時開始の30分から1時間の枠で毎週一人の
作家さんについてあれこれ思い出語りをさせて戴きま
す。総計で50人を取り上げる予定です。
詳細は上記ニコニコミュニティまで。
出演:黒猫ゆーすけ+ぶどううり・くすこ(筆者)
過去放送に関しては大方記録動画として再録しており
ます。何かのお肴にして戴ければ幸いです。

お時間があれば、よろしくお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第九巻弐拾参回 2012.12.10発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:xqo_gm@yahoo.co.jp
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

おしらせメールサービス
http://www.marine.ne.jp/mm/user.asp?id=75297

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

merumo
http://merumo.ne.jp/00609565.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

第九巻弐拾壱回  回顧の一助・前編【2012.11.10発行】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第九巻弐拾壱回  回顧の一助・前編
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

**第七巻弐拾号より横幅を
        若干拡げて配信しております**

****

2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
(東北大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い
申し上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出来
ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の潤い
に繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。

今回は筆者がメモ代わりにまとめた「BL回顧年表」か
ら言葉の出典を主にした重要な事項を適宜抜粋し、某
かのお役に立つ様前後編に仕立てて供します。
参考文献・出典は可能な限り記します。

〇●○

1978 年 10 月 1 日
『comicJUN』(サン出版・刊)創刊

1979年2月1日
『comicJUN』3 号、『JUNE』と改題され刊行される。
以降誌名は『JUNE』に定着。これが所謂「大JUNE」と
通称されるもの。

1979年4月1日
『JUNE』(『comicJUN』)通巻 4 号刊行
編集後記にて誌名変更の理由が明かされる。
《株式会社ジュンの商標と混同される恐れがあった為》
との事。

1979 年 8 月
『JUNE』一時休刊【国立国会図書館雑誌検索にて確認
可能】

1979 年12月20日
同人誌『RAPPORI(らっぽり) やおい特集号』刊行。
(発行責任者:波津彬子)
収録された座談会(「らっぽり特別企画 やおい対談」)
にてやおいの定義を冗談交じりに話し合う。現行の原
義『山なし落ちなし意味なし』はここから由来するも
のか?
なお座談会中には遡る事7年程前に既にこの定義に基づ
いた掌編が成立していたとの証言もある。
【再録;「小説 JUNE」2001年3月号/通巻129号】

1980年10月5日
『ALLAN』(みのり書房・刊)創刊。
アニメ情報誌『OUT』増刊号としてスタート。
途中独立刊行化するも1984年6月・通巻22冊にて『JUN
-E』のライバル誌としての歴史を閉じる。

1981年5月25日
『ふぁんろーど』(ラポート・刊5号掲載「ふぁんろー
ど★くりにっく」にて回答文中に「ショタコン」の文
字が登場。(74ページ)
「ショタコン」の初出。

1981年10月5日
『JUNE』、『劇画ジャンプ』増刊として復刊。
以降『JUNE』ブランドは現在まで形式を変えつつも継続。

1987年1月24 日
別冊COMIC BOX1『つばさ百貨店』(ふゅーじょんぷろ
だくと・刊)刊行
現在の二次創作ジャンル別アンソロジーの祖であると
思われる。A5 より幅が狭いムック形態。

1987年7月1日
別冊コミックボックス3『つばさ五段活用』―つばさ同
人誌傑作アンソロジー―(ふゅーじょんぷろだくと・
刊)刊行。
こう言う内容の刊行物に『アンソロジー』と冠した祖
と思われる。A5より幅が狭いムック形態。

1988年3月
青磁ビブロス創業。
(1997 年にビブロスに社名変更→2006 年に倒産後リ
ブレ出版として再生)

1988年4月20日
FRESH PACKS『メイドイン★星矢』―星矢同人アンソロ
ジー―(青磁ビブロス・刊)刊行。
青磁ビブロス(後ビブロス→リブレ出版)創業間もな
い頃の仕事。
この時点でカバー付A5版・ISBN付と言うアンソロジー
の流通形態が整う。

1988年11月
この界隈初の音声メディアと言えるカセットJUNEの創
刊。「鼓ヶ淵」(三田菱子原作)が第一号。
往時大JUNEでも作品を描いていた中田雅喜がエッセイ
漫画「ももいろ日記」の一編に作品視聴所感を描き残
している。
(所収:「ももいろ日記 下」ユック舎・批評社/
1991.1.10 初版、71~74 頁)

1991年1月1日
コミックマーケット第2代代表・米沢嘉博が『現代用語
の基礎知識1990』(自由国民社)掲載「マンガ文化用
語の解説」文中で《やおい》を独立項目として解説。
“ヤマなしオチなしイミなしの略であり、ショタコン
と少年愛路線(JUNE派)が結びついて生まれたもの”
とほぼ断定。この基本定義は2002年版で米沢が解説員
を退くまで変化せず。

1991年12月10日
『イマージュ』(白夜書房・刊)創刊。
キャッチコピーに“BOY'S LOVE COMIC”と冠する。
「ボーイズラブ」と言う言葉の初出であると考えられ
る。
考案者は編集プロダクション『すたんだっぷ』代表・
荒木立子(白城るた)とされている。
【2004年8月、漫画家の河内実加が自身のWEB日記で
『“ボーイズラブ”はあらきりつこ(荒木立子)が命
名したもの』(大意)と言及。
MacaMica-まかみか Mika Kawachi's Talking
http://www.asahi-net.or.jp/~rj4m-kwc/
DIARY→OLD→2004 年 8 月→6 日付記事】
ただし現在の定義そのものではなく「耽美」或いは
「JUNE」の置換語と認識されていた節がある。
また同日、勁文社より神崎春子の小説『瞳に星降る』
が“耽美小説 SERIES”の初回配本として刊行される。
この傾向の商業区分としての《耽美小説》はここに始
まったものと思われる。
このシリーズはハードカバーであったが新書版の大き
さであり一段組であった。現行のBLノベルス版版組の
原型になったのでは無いかと思われる。

1994年3月1日
雑誌『Charade』(二見書房・刊)創刊。
キャッチフレーズは“BOYS' LOVE for GIRLS”。
白夜書房以外で「ボーイズラブ」と言う言葉を使った
嚆矢となる。
定義は明示されていないが現行にかなり近いものであ
ると考えられる。

1994年8月1日
マンガ情報誌『ぱふ』(雑草社)8月号にて特集。
「創刊ラッシュで戦国時代突入―『BOYS LOVE MAGAZI
-NE』完全攻略マニュアル」が組まれる。
(52~60ページ)
『ボーイズラブ』と言う言葉の伝播に一役買った特集
では無いかと思われる。

1997年4月
青磁ビブロス、ビブロスに社名変更。

1997年9月15 日
『b-Boy Zips』(ビブロス・刊)4号にて読者投稿の
一節に「BOY'S LOVE」と記される。(271 ページ)
ビブロスの刊行物に「ボーイズラブ」と掲載された最
初であると思われる。

1999年8月11日
ネット上で「腐女子」の使用目撃例が報告される。
【日記・Diary:1999.08 まで(赤穂 昭太郎 / Shota
-ro Akaho)
http://www.geocities.jp/shotaro_akaho/diaryj-199908.html
腐女子関係の最古のネット記録と思われる。
同時にこれは出典を明記できる現存最古の記録である
とも思われる。

【以下続】

〇●○

此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。こ
の後半は次々号・第弐拾参回掲載となります。
では次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上出典:
ボーイズラブ事象回顧年表:20121024版
http://xqo.ooh.jp/cc/by-sa/BLchronicle_20121024.pdf
http://bllogia.wordpress.com/2012/10/23/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%96%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E5%B9%B4%E8%A1%A8%EF%BC%8820121024%E7%89%88%EF%BC%89/

=========================

以下喧伝です。

ニコニコ生放送「BL夜伽ラヂオ」
http://com.nicovideo.jp/community/co1391827
2012年1月5日(木)21時(午後9時)より開始。
毎週水曜日19時開始の30分から1時間の枠で毎週一人の
作家さんについてあれこれ思い出語りをさせて戴きま
す。通年で50人を取り上げる予定です。
詳細は上記ニコニコミュニティまで。
出演:黒猫ゆーすけ+ぶどううり・くすこ(筆者)
5/23配信時より配信予定が毎週木曜21時開始から毎週
水曜19時開始に変更されております。
只今は配信に暫しお休みを戴いております。
過去放送に関しては大方記録動画として再録しており
ます。何かのお肴にして戴ければ幸いです。

お時間があれば、よろしくお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下2011年6月10日配信号より継続の事務連絡にて。

配信スタンドが5箇所から4箇所となりました。
これは1箇所の運営形状変更に伴うものです。

また、website『仇花の記憶』が移転致しました。
これはCOOLサーバ運営終了に伴うものです。

以上、奥付の通りよろしくお願い致します。

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第九巻弐拾壱回 2012.11.10発行

文責:葡萄瓜XQO(ぶどううり・くすこ)
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:xqo_gm@yahoo.co.jp
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

おしらせメールサービス
http://www.marine.ne.jp/mm/user.asp?id=75297

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

第七巻拾参回  『箱―HAKO―』の始末(再掲:20100710発行)

箱-HAKO- 表紙1

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第七巻拾参回  『箱―HAKO―』の始末
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は、過日6月11日付で発行されましたふじいりょう
(parsley)氏編集によるミニコミ誌『箱―HAKO―』に
掲載されました《CAFE801》特集内の一項・「ぶどううり・
くすこ先生のオススメ作品」について当方なりに補足
させて戴きたいと思います。

この一項、確かに当方がオススメとして選んだ作品が
掲載されているのですが何故その作品を奨めたのか
と言う理由が文脈でさえも匂わされずにただ投下され
ている為、恐らく好事家以外には意味不明な一隅に
なっているのではないかと言う懸念を読後に抱きました。
上掲誌の編集に一切携わっていない当方が後出し
ジャンケンの如く言及するのもどうかと思ったのですが、
BLを普段読んでいない方に何故その作品を奨めた
のかと言う説明責任は果たしておくべきかと思い
ましたので敢えてここで言及する次第です。

さて、当方がオススメとして挙げたのは以下の三作品です。

・腰乃『隣の』(MARBLE COMICS / 東京漫画社)
・タカハシマコ『ドーナツ通信』(GUSH COMICS / 海王社)
・イ・ヨンヒ(安東あき:訳)『絶頂』全4巻
(ニチブンKARENコミック文庫 / 日本文芸社)

多分興味の無い傍から視ると一切脈絡の無い様に
思える選択かと愚考します。しかしながら、それなりに
込めた思いはございます。
その選択理由を今からなるべく簡略に記します。

先ず『隣の』。この作品の選択理由は「現代のBLの
代表選手」と言う位置付けでです。無論この作品以外
にも様々な作品を挙げる事が出来ましょう。
しかし筆者はこの作品を挙げてみたかった。それは
最先端でありながら古典作品が描きたかった部分を
同時に内包した作品だったからです。
「恋する男の可愛気」がはにかみと雄々しさと併せて
描かれていたからこそ奨めてみたかった、と言う感じです。

続いての『ドーナツ通信』は古典的なBLとしての位置付け
から。
少女漫画からの延長線上の様でいて、実は両方男の子
だからこそ生じる齟齬もある。そこのぶつかり合いが綺麗に
纏まっている作品だと筆者は愚考します。
古典と言う事で耽美或いはJUNEを選ぶべきとの声もあり
ましょう。しかし、それらを読んで現代のBLを語り得るのかと
考えた時、一抹の違和感は発生しようかと。
だとすればこの作品辺りが妥当な気が筆者には致します。

しんがりの『絶頂』はBLの拡散について示したい為に選び
ました。海外発のBLで翻訳されているものと言う事であれば
ピンクサイコ『イン・ジ・エンド』を提示すると言う手もあったかも
知れませんが、『イン・ジ・エンド』は筆者から視ると耽美寄り・
少女漫画寄りと言う感じが致しました。『絶頂』の方が例として
適切ではなかろうか、と。
『絶頂』邦訳分全四巻、実は完結ではございません。筆者の
確認する限り韓国本国では十巻まで既刊が存在している様子
であり、又日本ではAmazon経由でドイツ語訳を七巻まで入手
する事が可能です。
そしてこの邦訳版は九割までは完成されていますが後一割が
惜しいかな足りないのです。その一割とは作者:イ・ヨンヒ(Young
-Hee Lee)女史による後記です。ドイツ語訳版ではきちんと
訳され掲載されておりますが、邦訳版では見事バッサリ省略
されているのです。
その事実を押さえた上で『絶頂』と言う作品を味わうと、
又違ったものが見えてくるでしょう。

BL作品及びその置かれた状況を紋切り論で語った気にならない
・なって戴きたくない為に筆者はこれ等の作品を選びました。
それなりの歯応えを感じて戴ければ幸いです。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きます。
(中略)
では次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

=======================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第七巻拾参回 2010.7.10発行

文責:葡萄瓜XQO

箱-HAKO- 表紙4

*******

CAFE801カフェハチマルイチ
cafe801
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-10-6 加藤第6ビル2階

*******
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

【再掲】第六巻拾五回  『父』の残した大きな仕事

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第六巻拾五回  『父』の残した大きな仕事
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は筆者が夏コミ…コミックマーケット76に
て『ショタコンのゆりかご』を委託頒布をさせ
て戴く事から連想し、コミケの「父」として多
くの同人誌関係者の心に想起される第二代代表
・米やんこと米沢嘉博氏の余り顧みられていな
い大きな業績について(筆者如きが言及するの
も烏許がましいのですが)改めて出来るだけ簡
略に述べさせて戴きたいと思います。
以下文中に於いて、米沢氏の事を敬意を込めて
米やんと呼ばせて戴きます。

米やんの隠れた大きな仕事とは、自由国民社刊
行『現代用語の基礎知識』にてマンガ文化用語
の解説を1988年版から2002年版までの15年間淡
々と継続した事であります。
そしてその中で、「やおい」についての解説を
開始当時の1988年版から降板される2002年版ま
での間淡々と行い浸透させて行った事です。
殊に1991年版以降、独立項目となって以降の一
文は恐らく現存する「やおい」の解説文の中で
一番簡略で肝要な文章なのではないか、と筆者
は愚考します。12年間の間、根幹部分について
一切ぶれが無かったのですから。
米やんの解説した独立項目としての「やおい」
は女性同人作家によるアニメ・漫画のパロディ
であって構成要素は二つ。ショタコン(正太郎
コンプレックス)とJUNEに代表される少年愛創
作がそれでした。
これは1991年から2002年にわたるまで変化した
事はございません。推定からやや断定に近い調
子に変化した事はあっても。
後はその解説文として時代毎の色々な色彩が重
ねられましたが、曖昧な情報や米やんの私見は
さり気なく排除されていた様に拝察出来ます。
その一例として1992年版ではその語源の曲解か
ら不条理ナンセンス漫画をもやおいと称する事
を指して「明らかにまちがい」と窘める事もさ
れております。
情報と言う面に絞るならばもう一点興味深い部
分があります。
米やんはやおいの語源を「ヤマなし、オチなし、
イミなしの略」とは記していますが、出典につ
いては明記していません。1998年から1990年に
かけて「マンガ同人誌」項目の説明文の要素と
してやおいを記述した時もそうでした。
一方ネット上で流れているやおいの語源説に手
塚治虫提唱説と言うものがあります。これが実
は権威がありそうですが資料として捉えるなら
ばとても曖昧模糊とした情報なのです。何しろ
初出文献がきちんと明示されていないのですか
ら。筆者の記憶の限りでは、最初は商業出版物
が初出であると提唱されていました。しかしな
がら、いつの間にかそれが同人誌掲載の記録に
よるものだと変化していたのですね。
米やんはコミケの父でもありますが、同時に漫
画評論の開拓者でもあります。遺された膨大な
蔵書がそのまま彼の名を冠した記念図書館の蔵
書になる、と言う扱いをされている方でもあり
ます。
その方が手塚治虫提唱説を取り上げていなかっ
たという事は…まあ、そう言う程度の認識だっ
たのでしょう。コミケに於けるやおい草創期に
ついては御自分の目で見聞されているので確証
ある資料を目の当たりにされていたでしょうし。
【註1】
また、ショタコンと言う言葉の由来についても
先述の様に一切ブレがなく「正太郎コンプレッ
クス」由来説を護り続けておられました。
その為、現代用語の基礎知識1999年版及び2000
年版で「ショートアイズ・コンプレックスが語
源」と言う説が解かれても凡その人は動揺せず
きちんと語源を知る事が出来…ごく一部の方は、
ショートアイズ説を唱えられたのが大学教授だ
った事も手伝ってかそちらを推しておいででし
たが…それが初出誌を辿る手掛かりにもなった
のです。
ショートアイズ説を唱えられた方が当時明治大
学教授であり、米やんが明治大学のOBであり、
米やんの名を冠した記念図書館が明治大学の付
属施設として間も無く開館するのは恐らく何か
の因縁でございましょう。善し悪しが微妙に縒
り合わさっておりますが。

とまれ、この折にコミケの父の仕事について何
某か考え、何かを感じて戴ければ筆者は少し嬉
しく思います。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて
戴きます。
【中略】
では次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

註1
『JUNE』1993年11月号にて往時の状況を知る境
京子(コミック・レボリューション代表〔当時〕)
及び竹田やよい(漫画家。現在「篠田夏姫」と
改名)と鼎談。往時の状況をJUNE中心の視点で
語った。

米沢嘉博記念図書館
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/

=======================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第六巻拾五回 2009.8.10発行

文責:葡萄瓜XQO
【以下略】
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

第七巻拾壱回  一年遅れの言葉として。【2010.6.10配信】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第七巻拾壱回  一年遅れの言葉として。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は、ある方への手向けと言う形式で筆者自
身の立ち位置を明示する試みを致します。

○●○

 謹啓、栗本薫様。
当方が貴女の存在をしかと認識した始まりは
作家としてではなく、クイズ番組の回答者の一
人としてでありました。後に当方は貴女が二つ
の名義を使い分けた文筆家である事を確認し、
世間と言うものの広さを再認識したものでござ
います。
当方が作家である貴女の存在を胸に刻んだの
はそこから幾星霜か流れ、当方の読書の幅が拡
がり出した頃。短編空想科学小説の名手として
貴女を改めて知りました。あの瞬間の心の動き
は、今も当方を戸惑わせる程熱いものでした。
そして後に思想家言論家・中島梓としての貴
女も知る事になったのですが、どうも当方は中
島梓さんとは少々相性が悪かった様です。
彼女が嫌いだった訳ではありません。只、言
葉をすぐに飲み込めずに持て余してしまい、後
から自分のペースで改めて噛み砕いて飲み込ん
でいた、そんな感じです。
今なら何故中島梓さんの言葉が苦手だったの
かが判る様な気がします。それは、彼女の喋っ
ている案件について彼女の言葉しか拠り所がな
く、彼女の言葉以外に気持ちの持って行き場が
無かった、そう言う状況が存在したからです。
後にその違和感は当方に対し『タナトス』と
言う言葉でリンクされる創作と評論二本立てで
明示される事となります。只、当方はそれらを
確認した瞬間実はそう大した衝撃を受けません
でした。
何故ならそこに提示されていたのは大きな論
ではなく、作中人物の口先を借りた作家栗本薫
或いは中島梓と言う女性の個人的な思想であり、
その思想を明示する為に評論と小説は書かれた
のだと再認識出来たからです。
栗本薫としての貴女の心中にも中島梓として
の貴女の心中にもJの世界を牽引した人間とし
ての誇りがあったのだと当方は思います。
道なき道を切り拓かざるを得ない時代は、貴
女の思想言説=Jの世界総体の思想言説である
と言う自負を持つ必要もあったのでしょう。そ
して周囲もそれに甘えていた。にも拘らず、時
を経て拡大したJの世界は徐々に貴女から離れ
て行った。貴女がJの世界から離れたのではな
く、Jの世界の方が貴女から少しずつ離れてい
たのでしょう。
Jの世界の功労者でもある貴女への評価が複
雑なものであるのは、貴女が総てを背負わざる
を得なかった状況からの竹箆返しであるのやも
知れません。あの当時伴走者がもし一人でも居
たならば…いや、埒もない繰言は止めましょう。
今でさえ完璧な伴走は至難の業なのですから。
では、貴女の功績に正統に報いる為に遺され
た者はどうすれば良いのか。
それは正負拘らず貴女の説に依存するのでは
見つからない解答なのでしょう。貴女の言葉を
用いたとしても私達は貴女に成り代わる事など
出来ないのですから。
とりあえず私自身は、貴女の功績を認識しつ
つその前にあるかも知れない落とし穴に落ちぬ
様、これからもこの世界を見聞して行くつもり
です。
作家としての貴女への敬愛が唾棄すべき何物
かに変質しない様、精進して参ります

○●○

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて
戴きます。

(中略)

では次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

=======================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第七巻拾壱回 2010.6.10発行
(以下略〉
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

第八巻弐拾壱回  BLT、みたび【本日発行】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第八巻弐拾壱回  BLT、みたび
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

**第七巻弐拾号より横幅を
         若干拡げて配信しております**

****

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震(東北
大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い申し
上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出
来ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の
潤いに繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
今回は三度目の展開をしつつあるBLT、来る11月25日
(金)・16時半から18時まで東京大学駒場キャンパ
ス1101教室にて開催される東京大学見聞伝ゼミナー
ル有志主催・「BL Teatime in 駒場2011」、並びに
翌26日(土)・CAFE801さんにおいて開催される
「BLteatime in Cafe801」第2回について若干書かせ
て戴きたいと思います。

筆者は今回過去二回開催されたBLTに関わった【註1】
人間として駒場BLT中心者の方と事前にお話をさせて
戴きました。
萌えを再認する流れの一つとしてBLTの形態を活用
したいと言うその真摯な姿勢に感じ入り、筆者の思
う所・過去から汲み取れたもの等をお話しさせて戴
いたつもりです。
事前発表されている進行構成だけを見ると学術発表
みたいな錯覚を覚える方もおいでかと思われますが
恐らくそうはならないでしょう。今回のBLTに違う
トーンがあるとすれば、過去二回のBLTで展開された
読み手の感慨だけだった所に作り手の現状再認が混
じると言う感じであるかと思われます。
その点についても中心者氏の思う所を聞かせて戴き
筆者としては非常に納得致しました。良いバランス
感覚ではないかと思われます。
お茶会と言うよりは少数対多数の感覚の対比と言う
展開になろうかと思われますが、そこから現状を垣
間見る方向性を見出す事もできましょう。そう言う
「汲み取る」という意味合いからすれば今回のBLTも
過去二回のBLTと方向性が然程違うと言う訳ではあり
ますまい。過去二回のBLTも展開方法がそれぞれ違い
ながら最終的には同じ方向に収まりましたし。【註2】
少なくとも学術の名の下にボーイズラブと言う展開
方法を総て理解した様な心算で自分の解釈を言い募
り、それをただ闇雲に押し付けると言う早計はなさ
らないでしょう。
新しい展開に期待するのはいつでも心躍るものです。
筆者は今回こそ殆ど見てるだけと言う立場になりま
したが、そうなったらそうなったでと言う愉しみは
ございます。
筆者は喋りたがりでもありますが同時に聞きたがり
でもあるのです。むしろBLTの様な場では可能な限り
ROMに徹してみたくあります。
今回は都合により居合わせる事は出来ませんが、報
告や反響を愉しみにしつつ無事成功を祈りたいと思
っております。

そして翌日のCAFE801さんでのBLT。
今回筆者はニコニコ生放送のコメント欄からツッコ
ミを入れると言う役どころになっております。つま
り一歩退いた場所から登壇者の話を聞ける立場にあ
る訳です。
これはかなり美味しいポジションなのだろうと図ら
ずもほくそ笑んでおります。
何より言葉のタイミングが読み易くなる。前回と同
様の役割を果たすにしても登壇者の言葉を邪魔せず
に遂行する事が出来るだろう、と目論んでいる訳で
す。
ちなみに今回の"BLteatime in Cafe801"には『学園
モノを主題にする事』と言う縛りがございます。
作品の括りとして学園モノと言う縛りを口にするの
は容易ですがその実情はかなり幅広いものがありま
す。どの様な作品がチョイスされ、その読み方が開
拓されるのだろうかと筆者はワクワクしております。
作品が生み出された年代の幅も当然ございますから、
そこの絡みからも興深いですね。
BLにおける学園モノとは何かを読者の視点で知るヒ
ントになるやも知れません。

以上二つのBLTは、何を遺すのでしょうか。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴きま
す。次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

註1
過去のBLTについては以下2回の配信記事を参照。
***
第八巻五回『居合わせ人の立場
"Boys Love Teatime in Kyoto"(2011.2.26開催)報告記事
***
第八巻拾参回『相乗効果:BLteatime in Cafe801より
"BLteatime in Cafe801"(2011.6.25開催)報告記事
***
いずれも筆者は主催者ではない。

註2
"Boys Love Teatime in Kyoto"はオフ会も兼ねたお
茶会形式。"BLteatime in Cafe801"はニコニコ生放
送で流すことを前提にした発表会形式。
参加人数も違う。前者では合計20人。後者では司会
者と筆者除き登壇者10名+スタッフと言う構成。

○●○

見聞伝スタッフによるブログ
「BL Teatime in 駒場2011」by 見聞伝

***

開催日時
2011年11月25日(金)16時半~18時
東京大学駒場キャンパス1101教室

○●○

BLteatime in Cafe801
専用ニコニコミュニティ
【腐女子】BLteatime in Cafe801【お茶会】


***

CAFE801【カフェハチマルイチ】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-10-6 加藤第6ビル2F

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下6月10日配信号より継続の事務連絡にて。

配信スタンドが5箇所から4箇所となりました。
これは1箇所の運営形状変更に伴うものです。

また、website『仇花の記憶』が移転致しました。
これはCOOLサーバ運営終了に伴うものです。

以上、奥付の通りよろしくお願い致します。

=========================

仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第八巻弐拾壱回 2011.11.10発行

文責:葡萄瓜XQO
(以下略)


*****

配信スタンド

melma! 

Mailux

おしらせメールサービス

まぐまぐ
posted by 葡萄瓜XQO at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

第八巻拾参回  相乗効果:BLteatime in Cafe801より

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第八巻拾参回  相乗効果:BLteatime in Cafe801より
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

**第七巻弐拾号より横幅を
        若干拡げて配信しております**

****

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震(東北
大震災)にて罹災した皆様方に心からお見舞い申し
上げます。
居住地の差異の為たまたま罹災しなかった筆者に出
来ます行動は限られておりますが、幾許かが皆様の
潤いに繋がりますならば幸いです。

****

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

今回は去る6月25日、CAFE801にて開催されニコニコ
生放送でも配信されたBLteatime in Cafe801に参加
した者として、所感を暫し述べさせて戴きたく思い
ます。

そもそもこのBLteatime in Cafe801、元を正せば過
日京都・0000SHOPで開催された“Boys Love Tea ti
-me in Kyoto ”
の起点から派生したものでございま
す。【註1】
只違ったのは玉突きのボールを受けたのがニコニコ
生放送の生主(配信者)であったという点と、会場
としてBL作品を取り揃えてあるCAFE801を利用出来る
という条件が整っていた点です。
そして記録は遺されました。

○●○



【腐女子】BLteatime in Cafe801【お茶会】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv54495776

○●○

筆者は知己である生主・黒猫ゆうすけさんの肝煎り
でアドバイザー/コメンテーターと言う立場を与えて
戴きました。
但し、今回の主役は筆者ではありません。では生主
の黒猫ゆうすけさんがそうかと言えば、彼もまた自
分が主役では無いと公言していました。
今回の主役は参加者各位の中にあるBL/JUNE/やおい
作品に対する愛着、そしてその語りです。
一人当たり薦めたい三作品を選び、そして自分の言
葉でネタバレを回避しつつ見所を語り薦めて行く。
思えば贅沢な企画です。
参加者の一人として申し上げますと、これは画期的
な展開では無いかと思われます。
と、申しますのも今迄の腐女子語りと言うものには
公的私的不問で意識的にせよ無意識にせよテンプレ
ートが用意され、その用意された様式美に従って語
られていた感が強いからです。
様式美と言う枠に縛られず読者が自分の愛する作品
を薦め、薦める理由を自分の言葉で解析し、言語化
する…そう言う集いの場に居合わせたのは幸せな事
だと我ながら思います。

BLteatime in Cafe801は愛好嗜好の語らいの場では
ありましたが主張の押し付け合いの場ではありませ
んでした。
これも多分画期的な部分でしょう。
界隈の論者の主張はあくまで論者個人の主張であり、
外部からの冷静な裏付けがないと常識には転化致し
ません。或いは思考した上での共感を持つ同類があ
る程度は存在しないと。
BLteatime in Cafe801に於ける語らいは話者一人一
人が自分の言葉を闇雲に押し付けるのではなく、同
じ感覚を共有したいと言う前提で最大公約数を探し
ながら進行していた、と言う感覚があります。
だからある程度共感出来た際には喜びも一入だった
りするのです。
共有する感覚の持ち合わせがなければ心に入らぬも
のもあります。これまでのやおい/BL/JUNE語りで見
落とされがちだったのは正にその共有感覚なのやも
知れません。
京都BLTがBLを好む人の本質を探ろうというお茶会
だったと考えるなら、今回のBLTは読み手の感覚を
どこまで共有できるかと言う試みの会だった、と筆
者は愚考します。そして両BLTはそれぞれの展開方で
共に成功を収めました。
市井の場からBL語りの手法の新しい切り口を提示し、
糸口を増やす役割を果たせたのでは無いかと愚考し
ます。
BLteatime in Cafe801は可視化された良いサンプル
になったと思われます。

なお、BLteatime in Cafe801は緩やかに形を変えな
がら継続する予定との事。筆者は次回以降も関わり
ますが会の形態は都度都度に変わりましょう。
その行き先に袋小路は無いと愚考して居ります。
今まで刊行されてきたBL作品の冊数を考える限り、
袋小路を探す方が難しいでしょうから。

ではこの度はこれまでにて。次号配信まで、御機嫌
よう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

註1
“Boys Love Tea time in Kyoto ”に関しては第八
巻五回「居合わせ人の立場」
【2011.03.10配信】を
参照。
元々の起点はアーティスト集団・0000【オーフォー】
が自分達を素材にしたBL展開をアートと公認した事。
以下URLも参照。

「0000! OH,HOT!―0000 BL Anthology」
http://hidari-zingaro.jp/2011/01/0000-ohhot/

「0000! OH,HOT! 0000 BL Anthology オープニング
#0000fest 」
http://togetter.com/li/89083

「0000BLインフォメーション」
(公式アンソロジー告知)
http://ethter.fc2web.com/0000/bl.htm

0000SHOP所在地は現在0000メンバーでもあるKim okkoの
新会社として機能。若手アーティスト育成を視野に入れた
ギャラリースペースとしても機能している。
http://www.ubeful.com/

○●○

CAFE801【カフェハチマルイチ】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-10-6 加藤第6ビル2F
http://cafe801.org/

《以下附表》

ぶどううり・くすこ経歴
↑番組内で配布した筆者の経歴表

BLT開催経緯
↑番組内で配布したBLT開催経緯

実物はA4白普通紙に印刷しております。

《附表ここまで》

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以下6月10日配信号より継続の事務連絡にて。

配信スタンドが5箇所から4箇所となりました。
これは1箇所の運営形状変更に伴うものです。

また、website『仇花の記憶』が移転致しました。
これはCOOLサーバ運営終了に伴うものです。

以上、奥付の通りよろしくお願い致します。

=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第八巻拾参回 2011.7.10発行

文責:葡萄瓜XQO
WEBsite「仇花の記憶」
http://xqo.ooh.jp/mag/
mail:メールアドレス
連動BLOG「ショタやおい雑記」
http://xqosy.seesaa.net/

このメールマガジンは
melma! 
http://www.melma.com/backnumber_90840/

Mailux
http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM3FAB47D02D533

おしらせメールサービス
http://www.marine.ne.jp/mm/user.asp?id=75297

まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000270330.html

のシステムを利用して発行させて戴いています。

ご意見ご質問等は上掲メール宛、若しくはサイト内
設置メールフォームよりよろしくお願い致します。
http://xqo.ooh.jp/mag/form/

バックナンバーはサイト内及び各配信スタンドにて
公開しております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
posted by 葡萄瓜XQO at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

第八巻参回  妄想は誰が為に(20110210)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
仇花の記憶~ショタやおい雑話~

第八巻参回  妄想は誰が為に
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

**第七巻弐拾号より横幅を
        若干拡げて配信しております**

御機嫌よう。葡萄瓜でございます。
さて、つらつらと綴って参りましょうか。

やおい・ショタ・ボーイズラブ作品が商業流通に安定
して乗る様になって幾久しゅうございますが、作品
を評する際の物差しは未だ流動的に混在していると
筆者は体感します。
ショタの場合はそれでも一応は何故かと言う理由の
見当がつきます。つまり作品が時に鑑賞対象ではな
く発散の道具として用いられ、その場合の評価も普
通に述べられるので平均値が定め難くなるのだろう
か、と。
更に言えば作品の分類に於いても明確な基準点が無
く、またそれを示そうとの試みなしにフィーリング
でフォルダ分けをされるものですからそこでも判断
に歪みが生じる訳です。
因みに筆者の知る限り「ショタ」年齢の上限下限は
きちんと公認されてはおりません。その上で鑑賞者
個々の裁量により特例が発生したりするのですから
まだ当面定まる事は無いのでしょう。それだけ懐が
広い言葉なのだと解釈する事も出来ますが。

そう言う環境下で創作を始めると暗中模索の状態が
ほぼ途切れる事が無いのですね。創作する側と作品
を観る側の共通認識が事実上存在しないと言う状況
も有り得る訳ですから。その場合分野を示す言葉だ
けが共有されている状態な訳です。
率直に言ってしまえばやおい・ショタ・ボーイズラ
ブの創作物と言うのは創作物の中の「やおい・ショ
タ・ボーイズラブ」と言う括りで認識されているの
では無く、「やおい・ショタ・ボーイズラブ創作物」
と言う独立した括りで認識されがちです。流行語を
借りて表現するなら正にガラパゴス状態と言って良
いでしょう。
その中で進化するという事は、楽そうに見えて実は
大変な事ではないかと思われます。例えば創作者が
進化した心算で作品に対峙しても、観る側がそれを
退化と捉え観る側のルールに従った作品傾向を暗に
明に要求する状況もあり得ます。そしてそう言う状
況が積み重ねられていった結果、ガラパゴスの中に
更に入れ子で独立環境が成立する事も決して無いと
は言えないでしょう。そう言う結果の是非はとりあ
えず措くにしても。

その中でも創り続けて行く原動力と言うのは、実は
物凄く単純なものです。
「好きだから続ける」この一言に尽きます。
但し筆者は少し変えて送りたいと思います。
「創っているものを自分が好きだから続ける」と。
「創っているものに対する賞賛が好きだから続ける」
のではなく。

愚考しますにガラパゴスが袋小路に転じなかったの
は創る人が需要に対して諦めて来なかったからに尽
きるでしょう。
需要に応える事は勿論大事ですが、大きな声ばかり
に従って小さな声・自分の内面の声を拾い上げる事
を棄てて行くと、何時しか自覚せぬままに袋小路に
入り、進化出来なくなるのではないかと。
そう筆者は、自分の経験も踏まえて申し上げます。

さて、此度はこれにてとりあえず筆を擱かせて戴き
ます。次号配信まで、御機嫌宜しゅう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

=========================
仇花の記憶~ショタやおい雑話~
第八巻参回 2011.2.10発行

文責:葡萄瓜XQO
posted by 葡萄瓜XQO at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バックナンバーより | 更新情報をチェックする